がんばれ!純喫茶! <松本・扇堂茶房>

純喫茶好きなわたくし、
旅先でも、つい、そんなお店を探してしまいます。

なので、松本でも。

あった!

201007扇堂茶房外観

この、蔦に浸食された感じ、
昨日や今日、純喫茶になったわけじゃないわよっ、て感じで私を誘う。

やってるの?・・・と、若干の不安を抱きつつドアを押すと、
おおっ、なんてクラシカルなっ。

201007扇堂茶房窓

奥の全面ガラス張りの窓の向こうには、小さな池と、緑。

201007扇堂茶房内部①
201007扇堂茶房内部②

椅子のかんじも、照明の感じも、昭和のかほり。

201007扇堂茶房照明

おっと、名前がまだでした。

ここは、扇堂茶房 という喫茶店。

扇堂といえば、松本の大きなお菓子やさんですが
その扇堂さんで経営しているようで、、
この喫茶は、本店の向かい側のビルにあります。
で、ケーキセットをたのんだら、お店の方は、
私たちを置き去りにして?、本店にケーキを取りに出て行ってしまいました
む・・・無防備だ。
きっと、純な喫茶だからなのね。(違うだろ)

で、本店からやってきました

タヌキケーキ (かわいー、食えない~

201007扇堂茶房タヌキケーキ

松本駐在員のシードルさん談によると、ここ、開いてるのはめずらしいらしい。
私って結構、行くと定休日パターンが多いヒトなので、それはかなりのラッキー。

201007扇堂茶房内部③

それにしても、純な喫茶がどんどん消滅している。
私の実家の町でも。
学生時代を過ごした町でも。
想い出の純喫茶めぐりとか、老後にしてみたいものだ。
(もはや、老後同然)

扇堂茶房
  松本市大手4-7-22
  TEL:(0263)33-3322
  営業時間: 9:00~17:00
  定休日:毎週土・日 ←シードルさん説によると、これはアヤシイとのこと。ご注意。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/655-7084b818

Comment

riri

Cafeもいいけど喫茶店もいいね。
近頃はおしゃれなカフェがいっぱいだからこういうのがかえって新鮮な感じもするねー。
  • URL
  • 2010/07/20 20:05

シードル

わ~い翁堂茶房レポさんくすです!
どことなく喫茶「森」に似てる。時代が同じなんだろうか。
オウムのマークがかわいいんだよね。
たぬきケーキなつかしすー!他に鹿だったか豚だったか兎だったか
種類があったけど何だっけ。。

ちょっと離れた所に「フランス茶房」という素敵な大窓のある
古い古い喫茶店があったんですよ。
おばあさんがやってて、その代で閉めてしまったようです。
ものすごく残念、純喫茶復活希望!

翁堂は、駅前と女鳥川沿いとココと3件あって
私は女鳥川沿いの洋食屋「おきな堂」も好きです。
ここも古くてデミグラスソースやバンバーグががっつり自家製。
あっ行きたくなってきた。
  • URL
  • 2010/07/20 23:20
  • Edit

美鳥花

「ガロ」のマークがいきなり振り返るような
サ店(もはや、死語?)昭和な懐かせぇの喫茶店レポありがとう♪若気のいたれりつくせりで
集めたぞーマッチ!思い出いっぱいのマッチ
どこへいったんだろうマッチ。KEYコーヒーなんや!そういえば、MJBのサ店も好きだったなぁ~~~♪
  • URL
  • 2010/07/20 23:37

白あずき

そーなんですよ。
もちろん、cafeでもいいとこいっぱいあるけど、
昔ながらの純喫茶って、独特の空気。

照明とか、椅子とか、食器とかの物質的な条件もあるけど、
空気が、なんか落ち着くんですよね~。

「今は亡き」喫茶店が増えてます。
今のうちに、浸っておこう・・・
  • URL
  • 2010/07/21 23:11

白あずき

なぬ? > オウムのマークがかわいいんだよね。
それは見逃しましたー・・・ていうか、お菓子買って帰らなかったのでー。
(今HPで確認。”ミミー”っていうんだー)
たぬきケーキ、昔、うちの地元のケーキやさんでも、
こういうシリーズが流行ったことあったなぁ。(兎だったら食えない)
最近こういう素朴なケーキに惹かれます。(アンゼリカ~)

盛岡でも、好きだった喫茶店が随分減りましたi-241
東京でも時々、入ってみたいと思う「純喫茶」をみつけるのですが、
そういうとこって、結構地元住民のたまり場的で疎外感を感じたり、難しいです。

洋食屋「おきな堂」?
うう、そそられる・・・。
実は、純喫茶の次くらいに洋食屋も好きi-80
  • URL
  • 2010/07/21 23:26

白あずき

♪君とよく この見せに来たもんだ~(あれ?違った?)

わわわわ、私もマッチ集めてたんですよー。
だいぶ前に、姪っこに全部譲っちまったけど、捨てたかなぁ。
純喫茶って、結構いいデザインのマッチが多いと思いませんか?
だから、最近また、喫茶店にはいると、マッチを探すようになりました。
だけど最近は禁煙の店が多いから、
マッチを作ってないところが多いんですよね。 残念。

>MJBのサ店も好きだったなぁ~~~♪
MJBの店はあまり見なかったな。
(家ではMJB飲んでたけど。 あの緑の缶♪)
この前のシードルさんの”チモトコーヒー”の看板はいいですね~。
  • URL
  • 2010/07/21 23:34

翁堂 木内

 気づくのが遅くなってすみません。
 すばらしい写真で、自分が経営しているのに
「こんな歴史を持った店があるのか?」と
びっくりしました。
 映画のロケにも多く使われる店です。
 40代~50代の監督さんからしてみたら、
たまらないのでしょうね。
 投稿にもありましたが、『タヌキケーキ」とミミーサブレはオレンジページの夏に掲載され、よく売れています。
 もうひとつの動物ケーキ 教えましょうか?
 ヒント 中国の動物です。
     ランラン・カンカンの2頭が、上野動物     園に来たときは、可愛いと大騒ぎにな     りました。
           答えは   パンダ
  レモンチョコで、コーティングしてあります。

 ミミーは、旧姓「太郎」といって、40年前に買っていたオウムです。キャラクターにしようと、愛称募集したところ、ミミーになってしまいました。
 井戸水の流れる洋風の庭で、放し飼いで飼っていました。主食は麻の実 好物は信州りんごと台湾バナナでした。

 翁堂茶房は、昭和33年に私の母が作ったお店です。椅子・机・照明・カウンターも当時のものをいまだに使っています。
 コーヒー・ケーキは新しいですけれも・・・・。

  それから不定期な休業げ深くお詫びしま  す。常連さんが、高齢化してひとつの時代の終わりを感じています。
               翁堂  木内
  • URL
  • 2010/12/10 17:45

白あずき

うわー、大変恐縮しています!!
勝手にブログに掲載して(あ、撮影は一応許可いただきました)、あーだかーだと偉そうに・・・
本当に申し訳ありませんi-201

でも、ご丁寧なコメントをいただき、とても嬉しいです。
旅先でいい想い出をいただけたお店の、
歴史あるお話を、経営者ご本人から聞けるなんて、なかなかないですから。

翁堂茶房さんは、松本に旅行が決まってから、購入したガイドブックで写真を見て、
一目で「行ってみたい!」と思いました。
とても懐かしい感じがしたのと、タヌキケーキに惹かれて・・・i-229
他の店舗にも行きたかったのですが、一泊の旅でしたので、是非次回と思っています。
(次は絶対パンダケーキ!)
不定期営業でもなんでも、次回も必ず寄らせていただきます。
どうか、変わらずに、あの佇まいのまま、あの街角にあってほしいと思います。
(たまにしか行かないくせに、勝手な希望ですが・・・)

オウムのミミーの話しなど、ぜひ、他のみなさんにも聞かせたい!
(松本の方もみえます)
扇堂さんのコメント、あらためて記事で紹介させていただいていいですか?
ぜひ、宜しくお願いします!
  • URL
  • 2010/12/10 21:51

智太郎

昭和2年から始まった焙煎職人が作ったコクがあって美味いチモトコーヒーがまさか近所で製造されていたとは知りませんでした。しかもチモトコーヒーのキャラクター3人のイラスト人形は、自分の親戚がデザインしていたのも最近知ったのでした。
  • URL
  • 2011/07/09 16:11

白あずき

こんにちわ、はじめまして。

チモトコーヒーのマーク、かわいいですよね。
私も看板にあのマークがあると、
無条件に入りたくなってしまいます。

  • URL
  • 2011/07/10 15:39

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作