FC2ブログ

鎌倉の秋(2) 海蔵寺の紅葉

もう世間はクリスマス・モードなのでどうかと思ったのですが、
都内はまだ紅葉継続中のところもあるので、
ムリヤリ鎌倉の紅葉をねじ込んでしまいます。

海蔵寺の赤い傘

鎌倉駅の近くでお好み焼きを食べた後、海蔵寺へ。

ここ、初めて行きましたが、お庭の手入れが行き届いていて、
紅葉もちょうど見頃だったのに、ほどよい人出で、のんびり散策出来ました。

海蔵寺の赤い蔦
海蔵寺の風鐸
海蔵寺の野路菊
海蔵寺の竜胆
海蔵寺の屏風
鐘楼とモミジ

ここに、面白い史跡がありました。

海蔵寺のパンフレットに載っていたので、管理はお寺かもしれませんが、
いったん境内を出て、住宅の合間を抜け、切り通しをくぐったところに、
それはありました。

十六井戸の切り通し
十六井戸

「十六井戸」という史跡です。

海蔵寺十六井戸へ

十六井戸入り口

鎌倉では、岩場を四角く切り抜いた岩窟がよくみられますが、
(”やぐら”というらしい)
ここは、その岩窟の中に、たてよこ4つずつ計16個の、
井戸のような穴が開いていて、水が湧き出ています。

海蔵寺の十六井①

何のための穴なのかは不明。
正面の壁面には、観音菩薩像が安置されていて、
その下には、弘法大師像が安置されていることから信仰の場とも、
納骨穴ではないかとの説もあるらしい。
うーむ・・・・
 
海蔵寺の十六井

鎌倉には神秘的なところが多いです。
なにやら、あちこちに色々な魑魅魍魎が住み着いているような・・・。

ま、鎌倉のそんなとこも好きなんだけど。

紅葉と人力車
海蔵寺モミジのグラデーション




スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/700-954a4c03

Comment

シードル

ほー、なんか隠れた名刹という感じ。
庭園も建物も立派でかなり大きなお寺ですね。

「やぐら」は知ってましたがこんな井戸は初めて見た!
どうしてこんな並びで16個もあるんだろう。
台所、風呂(違)、共同洗い場、、ワカラン。
今も湧水してるんですよね?ふしぎー

岩窟の入り口を見た時は、誰かやんごとなき人のお墓!?
又は幽閉場?(八犬伝かっ)と思っちゃった。
ついでに洞窟繋がりでなぜかカタコンベも連想してしまいました。

美鳥花

 鎌倉も久しくよってけしてませんが、京都や
奈良とはチト違った趣の紅葉ですね。アングルがまたアタス好みですぅ♪
4×4の十六井戸も初めて観る不思議な謎の岩窟にも興味津々。今日のここらへんも雪舞い散ったのかなぁ~~西もサブカッタヨ。
  • URL
  • 2010/12/15 17:31

白あずき

ここ、名前は知っていて、行ったことあるつもりでいたけど、
行ってみたら初でしたー。
なんか、得した気分です。

井戸・・・というか穴?
意味がわからないだけに、謎めいていて面白いですね♪
墓穴だったらやだな~。
ここ中は(入れなくて覗くだけだけど)かなり暗くて、
フラッシュたいて、やっとこの程度です。
中に入ったら、ちょっとコワイかも~。
まさに、かたこんべ~v-40

  • URL
  • 2010/12/16 20:05

白あずき

鎌倉は、京都や奈良と比べると、明らかに歴史が新しくて、
比較になりませんが、
その分コンパクトで、身近に感じられて好きな町。
住んでるような感覚で、町を歩けるのがいいんです。

あ、京都奈良と違うのは、山が多いから切り通しとか
修行僧の籠もったような穴があちこちにあったりして、独特かも。
リスも沢山いるしね~(タイワンリスですが)。

昨日は関東地方だけ、そんなに冷え込まなかったみたいですね。
でも今日はサブイです~。
どうせ寒いなら、初雪早く降らないかな~。
  • URL
  • 2010/12/16 20:13

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作