スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、わたしたちにできること③

今さら私が書くほどのことでもないけど、
昔の震災に比べて大きく変わったのは、ネットによる情報がすごく役だったこと。
阪神大震災の時のネット環境ってどうだったろう・・・と思うに、
自分に関して言うと、インターネットはやってなかったなー。
携帯電話は持ってなかったか、PHSだった。
みなさんは、どう?
(生まれてなかってなんて、言わないように)

震災発生から二日くらいは、
被災地方面への電話やメールがなかなか繋がらなかった。
当日は都内でも、なかなか繋がらなかったけど、
ツイッターやインターネットでは、情報が飛び交っていた。

発災初日は・・・
都内では電車が全面ストップしたため帰宅困難者が多数出て、
私の知り合いでも会社や、近くのホテルの、
運が良ければ室内、ちょっと運が悪ければロビーなどに泊まった人もいた。
がんばって歩いて帰宅を決行した人も多く、
ツイッター利用者の間では、これらの人たちに向けて、
帰宅途中に、休憩出来る場所、ひと晩泊めてくれるとこ、
お水を提供してくれるとこ、営業しているカフェ、
などの情報を発信していました。
どれくらい役にたっていたかは知らないけど、
なんとなく、みんなで助け合ってる感じは嬉しい。

ツイッターには、“リツィート”という機能があって、
自分の読んだ情報(ツィート)を、たくさんの人に流したい時、
“リツィート”すると、
自分のフォロワー(ブログでいうとリンクしてる人たち・・・みたいな感じ)全員に、
そのツイートが広がります。

さらに、【拡散希望】としておくと、
それを読んだ人がさらに“リツィート”して、どんどん情報が広がっていきます。
(つまり、”ネズミ講”だな)

たとえば、
「【拡散希望】私の親戚が、気仙沼の●●ホテルの中で助けを待っています。」
というツイートを、自分のフォロワーに送ると、
受け取った人たちが更に自分のフォロワー達に拡散して・・・・回り回って、
その情報が元で救出された方達もいたそうです。

フォロワーを沢山持ってる人にツィートして拡散をお願いすると、
一気に多くの人に広がるというわけで、
芸能人のツイッターに、「拡散お願いします!」とツィートしてる人もいて、
それをちゃんとリツィートしてくれる芸能人の方がいたりして、嬉しかった。




情報発信も、自分たちに出来ることのひとつなのかも・・・
という思いで、
「燃料を大切に使って」
「ガソリンの買い占めをやめて」
という、私が直接聞いた被災者からのメッセージを伝えたいと思います。


彼女は今、福島原発近く(ただし、30㎞圏外)の実家に身を寄せています。
ライフラインは通っていますが、いつ終息するかわからない原発の状況の中、
燃料は最小限に抑えて、薄暗い家の中でずっと原発のニュースに見入ってるそうです。
一番深刻なのはガソリン不足で、
いざという時の脱出のため、買い出しなどにも気軽に出かけることが出来ず
(車がないと買い出しが不便です)、
そのうち食料も不自由になってくるという不安もあります。

被爆をおそれて、次々と福島を脱出している県民が増えているそうですが、
彼女の家では、「遠くまで行くガソリンがない」とのこと。
なんとか東京に出て来られるなら、住むところを探すよ、と申し出たのですが、
「混乱に紛れるよりは、最後は家族と一緒に家にいたい」と、
家族で話し合ったそうです。

何より心配なのは、彼女は今妊娠中で、
微量の放射能でも赤ちゃんへの影響を考えると、
本人の不安ははかり知れません。
実家に戻る前にお医者さんに、
「最悪の事態になった時の脱出用のガソリンは残しておくように」、
そして、「次の健診は診てあげられるかどうか」と言われたそうです。

「今、私たちに出来ることは?」という私の問いかけに対する彼女の答えは、
「エネルギーを大切に使ってほしい」と、それだけでした。

電車などの公共交通が整備されている首都圏のみなさん、
自動車に乗るのはやめて、ガソリンを買うのはしばらく控えてください!
(電車の本数が減ったくらいで、車通勤するんじゃねーぞ!)

私のブログなんかでは、少数の方にしか伝わらないので、
これを読んだ皆さん、周りの自動車を利用してる方に、
声を掛けたり、メールなどで、“リツィート”して下さい。
よろしくお願いしますm(_ _)m
(車が生活手段に欠かせない地域のみなさんは別ですよー)


うめ様も節電中。
うめ様節電中






スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/731-6127d035

Comment

シードル

阪神大震災の時には、信じがたい災害にインターネットが現場の信憑性を
伝えて活躍したと記憶してます。
公機関よりも、ネットユーザーの方が情報が迅速で正確だった。
(私もネットやってなかったけどねー)
今回はツイッターが大活躍してましたね。
(私やってないけどねー、多分メンドクサな性分に合わないんだと思う;)
ネットとひとくちに行っても進化し続けてるんだなあと、つくづく。

今日スタンドで久々に給油したんですが、不足中なら半分でもいいですと
言ったら大丈夫です!と言われました。
ほんの数日前はこっちもガソリン買占め止めての広報があったんですよ。
これも↓の食品買占めと同じにおいがするんだけど。
本当に必要としている人のところへ届くようにしてほしい。
福島の妊娠されてる彼女さんが気の毒すぎる。
いや、気の毒とかいうレベルじゃないですよね。。
同じ国に住んでいるのに、なんとかしてあげたい。
ものすごく歯がゆい。

車が生活手段のエリアでも、エネルギーは大切に使うべき!
と声を大にして言うぞ。

m.m

ご心配ありがとうございます。
夕べ実家から戻り、アパートで暮らしています。
それぞれの実家で貰った野菜とか、
近くのスーパーの在庫を買ってきましたので、
1週間ぐらいは食べていけるかな。

アパートに戻ったら、やっと通水したらしく、
風呂釜が壊れていて、
浴室パンが水たふたふでした。
この水すら、あーもったいない。

不動産屋も業者さんも当分、身動きが取れないので、
シャワーや風呂は、入れそうにありませんが、
最悪、台所シンクを風呂にするか、と旦那と笑い話をしています。

もともと節約気味だと思ってましたが、
それ以上に、水やガス・電気を大事にするようになりました。
厚着をしたり、毛布にくるまってテレビを見てます。

ガソリンは片道300km分ぐらいは、あったんです。
でも、旦那が自宅待機を命じられていて、
川口の姉のところに私だけでも、行こうか(行かせようか)という話、
会津の親戚のところにみんなで逃げようか、とも考えたのですが、

一人だけ川口に行って、もし私だけ助かったら、
その後は何が残るでしょう。
悔やんでも悔やみきれない後悔と共に生きていくのなら、
私はみんなと一緒に居ようと思いました。

会津に行くのだって、先方の生活がある訳だし、
来てもいいですよ、との返事は頂きましたが、
期限が分からない、
原発の問題はいつが山場で、いつ解決するの?と思うと、
踏ん切りがつかないですね。

やはり生活の拠点はココであって、
出て行けと言われない限り、
ここが私達の、この先も故郷。

原発を憎くも思いました。
原発で優遇を受けていた人々も、
だけど、必死に何とかしようとしている人たちの思いを、静かに応援しています。

私が逃げるのに使わなかったエネルギーが、
もっと被害に遭われた方の、人間らしい生活をする為に使われたと思えば、本望です。

状況が良くなるよう、前向きに考えています。
きっとまた、幸せに暮らせますよ。
私にはやらなければならない使命があるから。

ご心配ありがとうございますi-179
  • URL
  • 2011/03/19 17:25
  • Edit

美鳥花

阪神大震災の時は戦場に携帯ラジオを持ち込んだ記憶があります。それから多くの妊婦さんや産褥の方を受け入れましたが今回の地震は神戸近郊と限局された地震ではなく広範囲で交通網も大きく遮断されたりなんといっても地震=原発という大問題、かって体験したことがない日本国の危機、不安の家族がを残してまでも命がけで頑張っている消防や自衛隊の方の姿をみると感謝と大きな感動をもらいましたが義援金などの多くの輪が広がるいっぽう
スーパーでの買占めも事実!
盾と鉾 本音と建前の国 日本がチラリですが
責めることなく皆んなでがんばって一日も早い
復興が願いです。 今だも阪神大震災後 スカートで電車に乗って外出ができない私です。
  • URL
  • 2011/03/20 23:40

白あずき

そっかー、阪神大震災の時には、すでにインターネットが活躍してたのね。
私は会社でメールくらいは使ってたかな~。

ツイッター、どうもマメじゃないので、合わないみたい。
情報を集めるために登録だけはしてるけど、
うまくつぶやけないので、閲覧専門ですi-229
フォロワーが多ければ色んな情報もらっていい反面、
情報の信憑性の判断、取捨選択能力が問われるかも。

でも、ネットのおかげで助かった(連絡が取れた?)人が、
思わず「ネット社会でよかった・・・」とTVでつぶやいてたっけ。

東京も、昨日はスタンドに行列が出来てた。
思ったよりは短い列だったけど、やっぱりなーという感じ。
で、スーパーにも行ったけど、そこも行列。
人びとが米売り場、トイレットペーパー売り場へ走る中、
私はうめ様のごはん売り場にまっしぐら!
なのに、なぜか売り切れ!
もともと入荷数が少なかったんだけど、まさかないとは・・・。
焦って、調布市のホームセンターまで行きましたさ。

福島の彼女は、↓にコメントしてくれましたが、
どうやら一歩前に進んだみたいです。
まだまだ困難は続くけど、強い人だから、頑張って強い子を産んでくれると思う。
私はその子の”東京のおばあちゃん”になるんだ♪
  • URL
  • 2011/03/21 00:24

白あずき

戻ったんですね、
そちらのブログに行って惨状を拝見しましたが、
こわ・・・、本震のとき、会社に居てよかったね。

m.mさんのこと書くの、了解はもらったものの、ちょっとためらいました。
それで今のガソリン不足が解消するわけでもないし・・・・
でも、これを読んでくれた人が他の人に声をかけて・・・って、
ちょっとでも広がってくれたらと、
それに、きっとこれを読んだ某爺から地震見舞いが届くかもi-278

食料、大丈夫?
赤ちゃんのために栄養バランス考えて食べなくちゃいけない時なのに。
賢くて強いm.mさんのことだから、きっとやりきるって信じて応援するよ。
でも、宅急便が復活したら、どんどんおねだりして下さい。

今日ちょっと外付けHDDを探ってたら、桜の頃に尋ねた三春の写真が出てきて、
しばし見入ってしまいました。
あの桜が咲き溢れている美しい町に、穏やかな日が早く戻ることを願っています。
また桜やカタクリを見に行きたい。
あの暖ったかい人たちに会いたい。
またm.mさんのお弁当とお茶で、あのしだれ桜を見たいなぁ。
その時には、私たちの間に、ちっちやい女の子(決めつけ)が座っててさ。

こんなことがあっても、来月にはあの桜たちが咲いて、
みんなの気持ちを明るくしてくれますように。

またご招待&ご案内&お弁当、宜しくお願いしますね。

とりあえず今は、ファイトッ!!
  • URL
  • 2011/03/21 00:47

白あずき

そうか~、姐さんは 阪神大震災の時、まさに野戦病院に居たんだね!
かっくいいな~。
いざとなったらそういうボランティアも出来るし。
私なんて、被災地に行っても足でまといになるだけの、能なしです。

そう。今回の被災地は広範囲な上に、特に三陸海岸のあたりは、
内陸から行くには途中山間部を通っていくので、
途中の道路が寸断されると行けなくなるんだよね。
(崖、トンネル多し)
かといって海沿いに入ろうにも、どこも壊滅状態だし・・・。

ボランティアを頼もうにも、
阪神大震災の時みたいに被災地に日帰りで通えないので、
泊まるところや食料がないとボランティアの受け入れも出来ず、
なかなか救援の人出も確保出来ないでいるようです。

関西でもカップ麺、ペーパー類、電池がないそうですね。
被災地では、徐々に治安が悪くなってきてるというし・・・・。
あんなに海外から賞賛された日本人のモラルはどこへ。
とはいえ、被災地に関しては、
それだけ深刻な状況まで追い込まれているからかも。
原発第一でそこまで手が届かない民主党の要請に、
なぜ応えないっ、谷垣自民党!大人げないぞ。

> 今だ阪神大震災後 スカートで電車に乗って外出ができない私です。
わかるーっ!
私も、しばらくは着物なんて着られないっす。
寝るときも、ジャージ&セーターだし。
(ま、いつもパジャマよりジャージだけどねi-278
  • URL
  • 2011/03/21 01:06

rose.cottage

今、世界中の多くの方が日本のために祈っています。

阪神のときは、大阪から自転車隊を作って食料を運びました。
今は被災地から遠い安曇野に住み、何が出来るわけでもなく、ただ祈っています。

もともと原発は反対でした。
電気が必要だからと原発に走るのではなく、本当に必要な電気は何かを見極めて欲しいとずっと思っていました。
日本は唯一の被爆国なのですから。

でも、今はそんなことを言っている時ではないので・・・。
原発で働く方々も、自分の命より住人、ひいては日本の安全のために日夜頑張っています。
その方たちの家族も、決死の作業を続けている家族のために祈っています。

私の周りの安曇野では、ガソリンスタンドがほとんど閉まっています。車社会なのでガソリンがないと買い物一つできません。
オイルショックの時を思い出した方が多いのか、何故かトイレットペーパーが買い占められ、店頭にはありません。

東京にいる娘には「無理して会社に行く必要はないでしょ。休みなさい。」と言っています。無理に出かける必要があるほど国家的な仕事をしているわけではないし・・・。

節電という小さなことから初めて、私たちに出来ることが必ず見つかるはずです。

と言いつつも、無力な非力な自分にいらいらも感じています。

たんぽぽ

私の田舎も宮城、」だけど福島に近い山間部、被害は少なかったけど、ライフラインは寸断、電気は5日くらいで回復したけど、水、ガスなし、ガソリンなし、食料なしだそうです。。。

東京で私たちができること、白あずきさんのおっしゃる通り、買い占めをやめて、節電、節約が一番ですよね。
私なんか、な~~んにも買っていません。
ばっかじゃないのといわれそうな位何も買いに行っていません。
トイレットペーパーもティッシュも食料も。
ま、お米や梅干などが田舎から送ってもらったのが結構あるからいいし外食だって出来るし、トイレットペーパーはなくなったら、一個職場からもらってこよう~@。@ とか?(ハハハ、ちゃんとことわるよ)
灯りはキャンドル(アートなやつ)がいろいろあったし、なんてね。とにかくのんきな性格ではありますが~、
でも、困ったときはみんなで困る、分け合う、助け合う、だから自分だけ買い占めても気持ちよくはなれない…です。

それから、チケットを買ってしまってあるもの、観劇、コンサートなど…
私も13日にコンサートチケット買ってあったので行きました。気分的にそんな気分ではなかったのですが、でもいってよかったです。
出演者の方も頑張ってきて、祈りを込めて演奏して下さり、聴衆の方もみんなで思いを共にし、それぞれの心のなかに何かが残って帰って行かれたと思っています。
舞台に立つ人や、スポーツなんかもこんな時だから、色んなかたちで励ます役をどんどんやって欲しいものです。控えるべきものもあるとおもいますが、何もかも自粛するのも心が冷えてしまいそうだもの。
また経済効果もあると思いますし。

白あずきさんのお友達mさんも頑張って下さい!私の田舎の身内もおんなじ、福島も近いしです。
とにかく今は早く好転するように祈っています。
長くなってすみませんです。
  • URL
  • 2011/03/21 15:02

白あずき

大阪から自転車隊で神戸へですか!
国道1号まっしぐらかな?
三陸に行くには山道が多いから、ゼッタイ無理だもんな~。

私も結局祈るのみ。
お彼岸でもあったし、最近荒れ果てているi-229亡き母の写真コーナーを片付けて、
お花を買ってきて飾ってお祈りしました。
”祈る”ことも、今自分たちに出来ることのひとつですよね。
(うちの母に祈っても効き目があるかは別として)

> もともと原発は反対でした。

原発のことなんて、何も考えてなかったなー。
意識したときには、既にあった、という感じ。
 関東は計画停電で「被災地のために」とか思ってるけど、
 福島の電力は東北電力によるもので、
 原発の電力は全て関東の人が使ってるんじゃねーか、もともと・・・・
と書いてる福島出身の人がいました。
そういう事実もこんなことがあって初めて意識したなんて、恥ずかしい。

毎日なんとか今の状況を改善しようとしている人たち、そのご家族、
本当に頭が下がる思いです。

そしてやっぱり私たちが今できることは、
秩序とモラルをもって、節電、買い控えしつつ、
少しずつ普通の生活に戻していって、普通の社会に戻していくこと。
社会経済が下向きになったら、被災地を後援していくことは出来ないですからね。

長野はゼッタイ車は欠かせないですよね。
(いえ、田舎ということではないですよ、私の実家と雰囲気が似てるからそう思うんです)
東京は電車が密に走ってるから、運輸業以外の人は焦ることないのに、
やっぱりスタンドは行列してました。
この機会に、会社も交代制とかに出来るとこはしばらくシステムを変えれば、
電力はぐぐっと控えられるのにね。
個々の家庭の節電に比べれば・・・って思いますけど、せっかく芽生えた個人の節電への意識、
続けなきゃ、と思います。
どうか、今年の夏は猛暑になりませんように・・・。
  • URL
  • 2011/03/21 16:46

白あずき

実家が被災地に近いと、知り合いがいっぱいいるから、
通信が回復すると、徐々に辛い話しがたくさん耳に入ってきて、
テレビの報道とリンクして、胸が締め付けられる思いです。
実は昨日までずっと連絡が取れなかった友人(多賀城在住)と、
やっと連絡が取れて、ほっとしました~。

私も先週は1回も買い物しなかったですね~。
昨日久々に買い出しに行って、初めてスーパーの行列とガラガラの棚を目の当たりにしました。
「米がなければ乾麺があるし、水がなければ日本酒を飲めばいいのよ~」
と、我が家の備蓄倉庫を点検して開き直った私ですが、
さすがに米がなくなってので、買えたらいいな・・・と、やっぱり思いました。
(買っちゃった)

観劇、コンサートなどのチケット、人によって事情はいろいろ、
行ける人は行って、徐々に自分も社会も、
普通の状態に戻していって、元気になって被災地を応援しなきゃ!と思います。
私はこの一週間、妙な後ろめたさみたいなものが常に心のどこかにあって、
悶々としたり、いらいらしたり、めそめそしていたけど、
ちょっと違うぞ、と、今週から元気になろう!と気持ちを切り替えることにしました。
みんなで前を向いて進まないとね。

mさんも、一歩ずつ前進を始めたみたい。
私たちもがんばらなきゃね。

たくさん書いてくれてありがとう。
みんな自分の中で、きっと色々考えていたことが一気に噴出したんだろうな~という、今回のコメントの長さi-229
こういう形で気持ちを解放することも大切なのかも。
私も長々と記事を連載しちゃったけど、
結局は自分の中に溜まっていたものを解放して、ストレスを発散しなきゃと思ったのかもしれません。
こちらこそ長々とつきあっていただいて、ありがとう。
  • URL
  • 2011/03/21 17:18

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。