スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野純喫茶逍遙

若いときは、なんか上野ってあんまりー・・・と思ってた。

でも、最近は、ある意味わくわくな町♪

上野のわくわく雑貨屋さん②

なんだかこんな雑貨やさんがあったりするし。

上野のわくわく雑貨やさん

アメ横はとにかくミラクルワールドだし。

アメ横うめぴょん

いきなり、ヌーヴォーな建物も現れるし。

ぬーぼーな水道局施設


で、
なんてったって、昭和のかほりがぷんぷんして、

私の大好物の”純喫茶”が、まだ生きてる街♪




またまた、まだ寒い2月某日のこと
目的地は、ここ。

丘 外観①

ここは、オリンピックの年に開業したらしいから、
私の好きな昭和高度経済成長期絶頂の頃じゃね。

丘 外観

四階建てくらいのビルの、地下1階と地下二階が、
この喫茶店 『丘』。

丘 地下入り口

地下への入り口、
階段を一段下りる毎に高まる興奮。

さすが、この不自然なくらい自然な昭和ヨーロピアンさは、
この時代でないと、醸し出せない空気。


丘 入り口前のシャンデリア

お約束の色褪せたウィンドウに、アドレナリンMAX噴出!

丘のウィンドウ

ほんとは中もすごいんだけど、
さすがに撮影しずらくて、やめました。
(だって、写真撮られたらマズイよねっていうカップルとか、
オラオラとか言われそうなおじさんとか、静かに読書してる人とか、
いろんなお客さんがいたから・・・・)

代わりといってはなんですが、
いただいたマッチに、店内の写真が貼ってありましたので公開。

丘 表

★マッチの詳細はこちら→『丘』のマッチ




で、『丘』で気をよくしたもんだから、
もう一軒、純喫茶ハシゴ。

王城 店補

すぐ近くにある『王城』へ。

紫の看板の灯りに吸い寄せられるように・・・。

ここの名物という、アフォガードをいただきました。

王城 アフォガード

アフォガードとは、バニラアイスにホットコーヒーをかけて食べるのだそうです。
感想は・・・ご推測ください。(ハラこわしそう)

ここは、マッチにしびれました。

王城 表王城 裏

「憩いの殿堂」っ!!

昭和、カムバーーーック!




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/740-aaddbb1e

Comment

アベッカム

 どこかで見たような景色。アメ横の、高架線の反対側に、こんな喫茶店の景色があったような。気のせいかな?

 アフォガード、なるほど。コーヒーにアイスを入れるのでなくて、アイスにコーヒーをかけるのですね。

 ライスカレーとカレーライスの違いに似てるのかな?

 1380円のピアノ、ほしい~。

シードル

1枚目の、はじっこのうさっこキャンドルがメインだろ~(笑
私は左端のトラにゃんこが気になる。
こんな雑貨屋さんの看板娘は絶対オバチャンでなきゃやだ(笑
私もピアノ欲しい~、楽しい動物さんたちを動かしてみたい。

どうして古い喫茶店てシャンデリアとかステンドグラスがあるんだろう。
うれしいけどねー
たぶん若いころなら勘違いしてスルーしちゃいそうな外観や店名でも
(もしかしてスナックとか怪しいオトナ系の店;?とかね)
よっく見るとわくわくパラダイスですね。
アフォガードおいしそうじゃん。
ブ厚いデザートグラスやスプーンの形が様式美の極みです!
ぴかぴかのシュガーポットも現役って感じでうれしい。

『丘』のマッチ、無性にツッコミ入れたい、でも発想がおもしろーい。
『王城』のマッチ、アンタはえらい、よしっ!(?

美鳥花

♪上野は、おいらの町さ
  くじけちゃならない人生が
  あの日ここから始った。
この歌詞は知らなくっても★「ヒマラヤ杉に降る雪」であのイーサン・ホークさまと共演した工藤由貴ちゃんは知ってる?そう、そうあの由貴ちゃんのジツPAPAの井沢ハチローが歌った
「あぁ、上野駅」ショーワ、ショーワ昭和の代表的な歌、幼き心残った歌詞&メロディは、今でも記憶鮮明!
今回、時間的に余裕があれば、上野の花見にもいきたかったなぁ~~!
  • URL
  • 2011/04/10 21:29

白あずき

そうそう!
その一帯ですよ!
そうかー、あの辺もアベッカムさんのシマだったのね。

>  ライスカレーとカレーライスの違いに似てるのかな?
いやいやいや、カレーの上にライスは乗せないから。

>  1380円のピアノ、ほしい~。
わたしも、ほしい~(今さら)。
うめ様に買ってあげようかな~。
  • URL
  • 2011/04/11 00:23

白あずき

うさっこキャンドルに先に目が行きましたが、
このタイプのペアねこ、懐かしくないですか!?
そそられます。次行ったら買ってしまいそう。
この雑貨屋さんは、じいちゃんとばあちゃんがいました。
瀬戸物をカチャカチャ音をたてて触りまくってる客が居て、
オバチャン、注意してましたi-229

もう最近、喫茶店にシャンデリアとかステンドグラスがないと物足りない私がいる。
(もちろん、それなりに古くないとだめよ)
あと、崩れそうギリギリの看板・建物LOVE。
あ、震度5強まで保つこと前提ですが。

アフォガード、このセッティングが涙ものです。
昔のプリン・ア・ラ・モード用の入れ物で出てくるデザート、
無条件に好き。

『丘』のマッチ、どうやら他の場所の写真を使った物もあり、
何パターンか作ってあるのかも・・・・通わなければ。
  • URL
  • 2011/04/11 00:37

白あずき

申し訳ない、「あぁ、上野駅」は、タイトルは知ってますが、
歌詞及びメロディは、わかりませんi-238

でも、上野というと、未だに「東北の玄関口」というイメージがあり身近に感じます。
石川啄木が、ふるさとを恋しく思い出したとき、
上野駅に、故郷の言葉を聞きに行く・・・という詩を思い出しました。

 ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく

今年は上野も自粛ムードで、人出がいつもほどじゃないのでは?
韻松亭にも、そろそろ行きたいな~。

  • URL
  • 2011/04/11 00:59

ブリズ

白ねぇ、上野がいいなんて・・
大人ですねぇ。
しかも、純喫茶・・
大人ですねぇ。
今はだいぶ姿を消していて、
そのなかでこの辺をえらぶなんて・・
大人ですねぇ。。^^
  • URL
  • 2011/04/11 17:05

白あずき

大人・・・というより、お年寄り、と言いたいのでは?

いやーもう最近昭和レトロな純喫茶が、
懐かしくて、恋しくて・・・。

まあ、それを抜きにしても、上野歩きは楽しいですよ♪
パンダも来たことだし、家族サービスに行ってみては?
(家族で「丘」はやめた方がいいかな・・・)
  • URL
  • 2011/04/12 22:27

菅 健風

実は、わたしもこんな店が好きなんです。
純喫茶と言う響きが、いいですよね!!
http://concierges.exblog.jp/11219394/
のぞいてみてください。
  • URL
  • 2011/04/13 00:17

白あずき

くぅ~っ(>_<)タマランですねっ!
すごーくいい味出してます!

実はここ、噂には聞いていました。
(純喫茶ファンには有名)
でも内部の写真は初めて♪(しかも二階も!)

らせん階段がそそられますね~(ウットリ・・・)

広島に行ったら、こことカモメは絶対抑えますっ!!
  • URL
  • 2011/04/13 00:24

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。