スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花束の記憶 <六本木・貴奈>

貴奈 花の照明①正面

壁に咲いた、この花束の記憶を残すために。

貴奈 花の照明の席

六本木の喫茶・貴奈 (KINA)へ。


純喫茶好きに拍車がかかった数ヶ月前に初めて知ったこの店。
そのうち行かなくては、と思っていたのだが、
この6月20日で閉店すると聞いて、慌てて出かけた。

KINA 入り口

六本木交差点の近く (そう、あのアマンドの)。
ふっと裏道に入ると出現する、不思議な光景。

昭和38年創業といわれれば、たしかに高度成長期のモダンさもあり、
バブル時代の六本木のイメージにも合いそうな、不思議な建物。
こんな景色が、まだ六本木にあったなんて。

貴奈 外観

ちょっと外国のレストラン風でもある。

貴奈 外観①

※ あ、申し遅れましたが、
  今回思い入れが深すぎて、写真多めです。
  適当に、スクロールください。

貴奈 入り口

店内は70坪という広さに、134席。
エリアによって、雰囲気ががらっと変わる。

窓際の席は、明るく、丸いテーブル。

貴奈 窓際の席
貴奈 窓際のテーブルとローソク

ちなみに、すべてのテーブルの上に、白いローソクがあり、
オーダーが決まったら、備え付けのマッチでローソクに火を灯す。
すると、またたく間にウェイターさんがやってきます。

なんて、心トキメクシステム!

貴奈 奥から外を眺める
貴奈 センターの席
貴奈 奥の席②
ちなみに、「お好きな席へどうぞ」と言われたので、奥へ奥へ。
あまりに広いので、どこまで奥まろうか悩んだけど、
すぐに気持ちが収まった。

貴奈 吹き抜けスペースの照明

この花束の席に座りたい。

貴奈 奥のスペース

ウェイターの方に、写真を撮っていいか聞いたところ、
快くOKして下さったうえに、店内もあちこち撮っていいですよ、と、
案内までして下さいました。

テーブル上のローソク

もちろん、ローソクに火を点けてみました。

貴奈のローソク

「ご用の節は白いロウソクに灯りをつけて下さい」
と、書いてあります。

貴奈のマッチと灰皿

初めて入った喫茶店では、まずブレンドのホットを頼むのですが・・・・

この日は、あまりに暑くて・・・

貴奈 ビヤグラス

ビールしちゃいました
ああ、ビヤグラスまで美しい・・・。

夜は、おつまみになりそうな料理もあるのですが、
昼だったのでミックス・ピザを頼む。

貴奈のピザ

奥のスペースは天井が高く吹き抜けのようになっていて、
暗めだけど、個性的な照明器具で落ち着いた華やかさの雰囲気を作っている。

貴奈 奥の照明
貴奈 吹き抜けコーナー

高い天井から下がる球体の照明が貴奈の象徴。

丸い照明①

あまりの居心地の良さに、ピザとビールをたいらげた後は、
”お煎茶のセット”(和菓子付き)を追加して、
気づいたら、二時間ほどまったりとした。

貴奈 和菓子

この時代の建物って、「ここまでやるか!」と思うほど、
意匠が凝っていて面白い。
このお店も、もっとじっくり通よって、いろんな発見をしたかったなぁ。

外から窓際の席

窓辺に下がった、そろばんみたいな飾りは、
席の仕切りなどにも繰り返されていた。

貴奈 外から覗く

木彫の仕切りや、

貴奈 窓際の照明

天井もよく見ると、かわいい。

貴奈 天井

かと思えば、壁は重厚な石で。

貴奈 石の壁

外に出ると、プランターの足元に猫がいたり、
鉄柵の上にお花が咲いていたり、
全てきっとここにしかない、特注の世界。

貴奈 プランター②
貴奈 外観③

そして、『貴奈』自体が、唯一無二の、ここにしかない世界。

貴奈 閉店のお知らせ

あ、結局ブレンド飲んでないや。
閉店前に、もう一度行こうっ。

貴奈 花の照明


 貴奈
    東京都港区六本木3-13-12
    http://www.kina-roppongi.com/
kinamap.jpg
(貴奈HPより)





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/755-44b75c8d

Comment

アベッカム

是非、次回もレポートお願い致します。

このお店、のこして欲しいなあ。

デート用に、利用したいです。

シードル

ええ~~~~!?閉店しちゃうの?
なんてもったいない…
東京の文化遺産でしょここ。

見れば見るほどオーダーメイドの世界。
凝った照明の数々といい、ろうそくのコールといい
お客さんにいかにくつろいでいただくか
そんな無言の真の心配りが感じられるなあ。。
1つ1つが時代が磨いた重厚な手作りっぽい。
今のカフェなんて足元にも及ばないくらい。

ここは全部なくなっちゃうんですかね?
違う形で生かしてほしいとも思うし
せめてもの救いは白あずきさんのような心ある人が
こうして記録に残してくれることかなあ。
さびすぃ、、(つД`)

あ、ところでサプライズにサプライズしました!
びびびびっくり!
ありがとー!!!

白あずき

デート?

あのお花の正面の席でプロポーズされたら、
きっと、どんな人でも断れないと思うなっ!

素敵な喫茶店を知っている男性は、ポイント高いですよっ。
  • URL
  • 2011/06/11 20:43

riri

純喫茶って大人な場所じゃね。
もったいないけど、続けられないんだろうね。
広島にも純喫茶好きな人がいてそういう場所を探してはやっぱり閉店が多いから残念がっとってよ。
  • URL
  • 2011/06/11 20:44

白あずき

うむ!たしかに!
東京都文化遺産に認定せよ、慎太郎!

店の雰囲気もさることながら、お店のサービスも最高でした。
高級ホテルのラウンジにいるみたいだった。
お水は適切なときに取り替えにくるし(しつこすぎない)、
ピザの後は新しいお手ふき、
ロウソクの写真を撮っていたら、「新しいロウソクに取り替えましょうか?」、
などなど・・・。
ほんと、惜しい・・・。
あの方達は、どこに行ってしまうんだろう(年配の男性ウェイター2名が応対してくれました)。

> ここは全部なくなっちゃうんですかね?
建物の老朽化説もありましたが、私が聞いたときは、
「どうなるんでしょうね。とりあえずテナントを入れると思いますが・・・」
という、お答えでした。

サプラーイズ、届きました?
あまりの遅さに、サプラーイズ!

  • URL
  • 2011/06/11 21:03

白あずき

広島の純喫茶といえば、『パール』ですよねっ!
一度行ってみたいものです。
あの螺旋階段を昇ってみたいっ!
まだまだご健在でしょうか?
ririさんの力で、『パール』を広島文化遺産にね!

  • URL
  • 2011/06/11 21:17

美鳥花

純喫茶店=昭和の懐かしい響きの素敵なお店が閉店してしまうんだ。。。。。いよいよ明日だね・・・特にビアグラスがよいよい!
よってけ希望の喫茶店です!詳細に記録に残してくれてありがとう~~~~!何ども繰り返し戦場から観てました。
ところで喫茶店と、言えば「マッチ」 アタスの戦闘中に古ボッチャマ&ダイイチムスコッチで地下室探険し★ついに例のマッチコレの一部を発見!
ほとんど30年~40年↑経過!
プレマッチするからな!!もう、チョットまっとくれ!
さすがのアタス 凄いマッチがあったど!
  • URL
  • 2011/06/19 13:18

白あずき

ついに本日、閉店してしまいました・・・貴奈。
結局一度しか行けなかったけど、今日とかはさすがに人が多かったろうし、
常連さんが多かったでしょうから、この一度だけでよかったのではと思っています。
静かな中、たっぷりじっくり、ここの空間に浸りましたから・・・。
(いろいろ食べたし飲んだし)

なにぃ~っ?!
マッチ発見ですと???
魅せろ~、早くぅーーーっ!
30年~40年前のマッチといったら、私のもっとも大好物の年代のマッチではないの。
楽しみにしてるから早くカムバーック!
  • URL
  • 2011/06/20 22:38

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。