箱根樹木園休息所 <建築探偵その59>

突然箱根に行くことになり、だったら是非見たいところが!

・・・と、ここにババーンと、
建物全景写真をアップしたいところだが・・・。

鬱蒼とした木々に埋もれていて、いい写真がないので、
アプローチから・・・。

箱根樹木園休憩所①

元箱根の奥の奥。
『九頭竜の森』という自然公園の中にある、箱根樹木園休息所

設計は、村野藤吾

箱根樹木園休憩所②

・・・って、廃屋かよっ!

と思うほど、若干荒れた風情の茅葺き屋根の円形の建物が、
3棟連なったプラン。
だけど、前述のとおり鬱蒼とした林の中にあるため、
全景を見ることは出来ません。

かろうじて2棟並んだところ
箱根樹木園休憩所③

箱根樹木園休憩所④

3棟というのは、ロビー、食事室、貴賓室で、
この中の貴賓室の内観写真、とりわけ照明の写真を見て、
いつかここに行ってみたい!と思っていた。

白い花びらが三枚の清楚な花がアンシンメトリーに、
モビールのように咲いているシャンデリア。
(図録の写真持ってるけど著作権がな~・・見せたいぜっ)

残念ながら、貴賓室は奥の棟だったようで、外からは覗けませんでした。

箱根樹木園休憩所⑧

ここは食事室でしょうか?
この奥の部屋に、屏風らしきものが見えたから、
そこが貴賓室なのかも。


玄関の方に廻ってみました。

箱根樹木園休憩所⑨

入り口には、もちろん鍵がかかっていて、
ブルーシートが掛かっている作業用の車両が停めてあったりして、
更に廃屋感を濃くしている。

ふと、エントランスの外壁を見ると・・・

箱根樹木園休憩所⑤


箱根樹木園休憩所⑥

おおっ!
もしかして、ここに事務所を置いていたのか?

近くにある、『箱根プリンスホテル』(現 ザ・プリンス箱根)も、
村野藤吾が1978年に設計したものだから、
ここでプランを練ったのかも。

それとも、ただの「定礎」か?

箱根樹木園休憩所⑦


検索してみたところ、
数年前にここでコンサートなども行われていたので、
全くうち捨てられているわけでもないらしい。

でも、村野藤吾の作品って、結構壊されてるからな~。
ここも、ちょっと心配です。
樹林の中に、いつまでもひっそり紛れていて欲しいもの。

箱根樹木園休憩所⑩

崩れた茅葺き屋根には、いろんな芽吹きが・・・。

箱根樹木園休憩所⑪

そうそう、
屋根の構造は、コンクリートスラブの上に鉄骨下地、
その上に茅葺きが架かってるようなので、
こんな屋根になってても大丈夫でしょう。

箱根樹木園休憩所⑫

通りがかった子供達が、「きのこみたーい!」 と言ってた。
なるほど、すっかり森と一体化しとるな。




※九頭竜の森は入園料が500円かかります。
 休息所の中には入れませんので、
 外からヨダレを抑えつつ、ガラス越しに覗くだけです。









スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/767-49ff79ab

Comment

シードル

おもしろーい!
こんな建物がひっそりと箱根の奥にあるなんて。
イタリアのアルベロベッロとかアフリカあたりの民家みたいな外観。
なにやら保存的にヤヴァいんですか?
イベントやコンサートにちょうどいいキャパだと思うんだけどな。
なんとか活用して残してほしいですね。
あまりにももったいない。
特に、窓と石?コンクリ?の壁が好きだなあ。

村野藤吾さんの建築って八ヶ岳美術館もそうなんですね。
中の作品よりもたてものが好きだったな。(ヲイ#

美鳥花

村野藤吾設計といえば、関西では、都ホテルですが、ここんち近くらへんに1970年代は棲んでいましたが、大阪赤十字病院も原型をとどめることなくさまがわり~~今、思うとものすごか建物だったなぁ~~!ヴォリーズ縁のバルナバ病院も近くだったけんどその後どうなってるのか。
昨夜、大阪戦後ビルの特集TVを視聴しましたが
あの、風のギャラリー山木さんちら周囲がその宝庫らしく、存続運動をしてる建築家の高岡しんいち氏が中心となりレトロビル探検ツアーを計画してるようです。ちなみに、昨夜のそれは、大阪ミナミの「味園」でした♪
箱根も素晴しい建築遺産が多いんよね。建築探偵60を楽しみにしていますよん♪
  • URL
  • 2011/08/06 17:25

白あずき

今回、意外な展開の建築探偵でした。
まさかこんな状態で、こんなところ(失礼)にあるなんて。
”樹木園休息所”という名称しか資料にはなかったので、
自然公園内の自然に近い状態の植物園の中にあって、
皇室の方とかが避暑に訪れたときに使われたのかな?とか勝手に思ってました。
(”貴賓室”があったり、中には入れないという情報があったので)
そしたら、樹木園なんて名ばかりで、広場とかコテージ(使ってんのか?)がある
キャンプ場みたいなところで、
その奥にいきなり潜んでいる建物なので、
なんというか、
無人島にうち捨てられた、かつての原住民の部落跡を発見?・・・という感じでした。

コンサートとか活用できそうだけど、アクセスがね~。
一般人は、遊歩道を結構歩かされて、やっとたどり着きます。
この奥にある神社が、某新興宗教のパワースポットになってるらしく、
その信者がぞろぞろ・・・異様でしたv-12
その集会には、どうぞ使わないで・・・と祈るのみ。

壁、いいですよね。
打ちっ放しのように見えますが、
小石を埋めてあった感じで、たぶん左官仕事です。
情熱を感じます。

八ヶ岳美術館、むかーし行きました。
繭の中にいるみたいで、不思議な空間でした(たしか・・・遠い昔のことで)。
  • URL
  • 2011/08/07 15:09

白あずき

姐さん、蹴上のあたりに住んでたの?
楽しそう~♪ 毎日観光旅行じゃないですかっ。
都ホテルは2回泊まってるのに、写真が残っていない・・・ばかばかっ。

大阪も、いい建物がたーっくさんありますね。
こちらのブログ見てると、大阪に飛んで行きたくなります。
http://osakarchit.exblog.jp/tags/%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0/
大阪赤十字病院の昔の写真も、このページに出ていますよ。
『鯛よし百番』に行きたい~!
「味園」は、ちとディープ過ぎて、私のようなひよっこには潜入が難しそう。
HP見たら、キャバレーは閉店しちゃったんですね。

バルナバ病院は、まだあるんじゃないですか?
礼拝堂があるんじゃなかったかな?
実にそそられます。

建築探偵その60、お待ちを。
近日更新! 
村野藤吾シリーズだよー。
  • URL
  • 2011/08/07 15:28

たんぽぽ

こんにちは。
この建物30年位前に観ました・・・
なのであまり覚えていないので、こんなだったかなあ~と。。。でもやはり外回りもまだ美しかったし、中もとても美しかったと思います!
屋根がこんな風になっているとはすごい!月日が経ったんですね~。でもうち捨てられたようになっている?屋根の吹き替えとかないんですかね。
でもこれはこれでとても好きですが。。。
壊されないでほしいものですよね。

プリンスホテル、できたばかりだったかな~、泊まったんですよ。そういえば、そこで中学の同級生がベルボーイ(だったと思う)をしていてびっくりしたことを思い出しました。
  • URL
  • 2011/08/09 08:00

白あずき

ええ~っ!
この建物がまだ元気な頃に入ったことがあるんですね!
貴重な証人だ!
中の貴賓室はどおでした?お花の照明の記憶とかあります?
いいな~。

微妙に廃墟感が中途半端で、ちょっと手を入れればすぐ使えそうな感じもします。
ほんと、勿体ないな~。
でも、たしかに今の状態も、それはそれでこの建物に似合っているといいますか。
そう、森のきのこみたいで。

ザ・プリンス箱根も泊まったんですね!
ちょっとびっくりな思い出もあったんですね。
当時は、プリンスホテルと言ってたのでしょうか。
私も泊まってきましたよ!
そして、本日アップしました。

実は、急に思い立って、

 家から二時間くらいで行けるところ→
 じゃあ、箱根あたりかな →
 じゃあ、村野藤吾のプリンスホテルに泊まりたい! →
 そういえば、箱根には村野さんの樹木園休息所もあったなぁ

てな感じで旅程が決まりました。

探検できるホテルって楽しいですね。
  • URL
  • 2011/08/09 23:47

もりひこ

 
 アベッカム改め、もりひこです。ご無沙汰しておりましたが、お元気そうで何よりです。

 来月、親族一同で箱根へ行くことになり、白あずきさんのブログで予習しております。

 岡山から小田原までは、久々に新幹線。東海道新幹線にも、グランクラスって、あるのかな?(自分で調べない派)

白あずき

◆もりひこさんへ(あぅー、なんか変な感じ!)

こちらこそご無沙汰していてすいません!
箱根に行かれるんですね!いいな~。
私のブログなんかで参考になるかどうか…(^^;)
しかも樹木園の記事にコメントいただいてびっくりです。
因みに記事にもある通り、樹木園休息所はこの当時であの荒れよう…
現在の状態はわかりませんが、もりひこさんお一人ならともかく、
ご親戚の皆さんで行かれるのにはオススメできません。
でも箱根プリンスは素敵ですよ~、是非!
あとは、記事を書いたのではポーラ美術館、箱根富士屋ホテルはおすすめです!
富士屋ホテルはたしか日帰りパックや館内建築ガイドツアーなんかもあるので、
泊まりじゃなくても楽しめると思います。

東海道新幹線にはグランクラスはないみたいですね。
でも、数人でゆったりしたスペースで行きたいなら、個室があるんじゃなかったっけ?
楽しんできて下さい!
  • URL
  • 2013/07/31 22:56

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作