水曜美術館、もしくは建築探偵

八月の某水曜日、上野の国立西洋美術館へ。

現在、企画展示で 『大英博物館 古代ギリシャ展』 をやっているけど、
ギリシャ彫刻にはあまり興味がなく、常設展へ。
(人が少なくて、ゆっくり見られるしー)

国立西洋美術館・ロダンのナントカ

国立西洋美術館・19世紀ホール
(19世紀ホール:ロダンの彫刻)


ここは、ご存知、ル・コルビジェ設計の建物なので、
建築探偵も兼ねて、のんびりブラブラするつもりで・・・。

国立西洋美術館・模型①

国立西洋美術館の模型です。

国立西洋美術館・模型②


なんと、ここ撮影OK(もちろんノーフラッシュで)。
トーハクの常設もだったけど、今は国立の常設って、
みんなそうなってるんだろうか。

てなわけで、建物込みでお楽しみ下さい。

国立西洋美術館・19世紀ホール吹き抜け

19世紀ホールの吹き抜け部分です。
天井が三角のトップライトになっています(模型でもわかります)。

国立西洋美術館・トップライト

17世紀の絵画コーナーで。

国立西洋美術館・ヴァン・ダイク
国立西洋美術館・悲しみの聖母

国立西洋美術館・回廊

常設展の展示室は、ロの字型の内側が、天井が低くなっていて、
明るい部分と暗い部分が棲み分けしている感じが好き。

国立西洋美術館・階段

展示室から外の緑がこぼれて見えるのも、いいですね。

国立西洋美術館・18C彫刻



これは、レアンドロ・パッサーノの『最後の審判』。
(16世紀に戻りますが)

国立西洋美術館・最後の審判

もうおわかりと思いますが、
額縁がすごいので、写真撮りました

国立西洋美術館・最後の審判額





有名な、モネの『睡蓮』は、
新館の一室がまるまる”モネの部屋”になっていて、
そちらに移っていました。
(移動してから初めて行ったらしい・・・)

国立西洋美術館・モネの部屋

この絵は、あのコルビジェの建物の、
少し薄暗い中で見た方が好きだったなぁ・・・。

中庭が見える開放的な部屋は、近代彫刻のスペース(ほとんどロダン)。
緑がきれいでした。

国立西洋美術館・ロダンの部屋
国立西洋美術館・中庭



”19世紀”コーナーからの代表はこちら。

座る娘と兎
(ピエール・ボナール『坐る娘と兎』のウサギ部分)




”20世紀の絵画”コーナーも吹き抜けになっていて開放感。

国立西洋美術館・20C
国立西洋美術館・天井


建築探偵を兼ねると言いながら、外観を撮ってきませんでした。
だって、暑かったんだよー、この日は。

国立西洋美術館・睡蓮部分


★国立西洋美術館の常設展、こちらでバーチャル観覧してみそ → 
 展示室の番号をクリックすると、絵が見られます。




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/775-d01b2841

Comment

美鳥花

「どんだけ観てるねんTV!」この展覧会もぶらぶら美術館で 視聴したばっかし♪
 五郎氏のかみくだきまくりのうんちくがよいよい
ほとんど奪力品やろ大英美術館は、丁度日本の作品展が開催してる時にいきましたがどれもなんでも撮ってもOK太ッパラの方にビックリ!
見習えよ日本ですね!
喰ってけしたんや★韻松亭 またアタスもよってけしたいなぁ~~~ほんまに白あずき嬢のハズレなき喰いモノ屋さん ここ数年の間に何軒も
喰ってけさせて頂きましたに感謝♪今後ともどうぞ、いえいえ、どうかお代官さま頼み。
もしかしたらガセネタかもしらないけんど9月21日に田窪恭治氏出演のTV番組があるかも?
「きっとそうだ!」と確信してるアナタ そうなんよ
TV番組にはかなり意識して絶対見のがさないぞのチェックウーマンババァですぅ(笑)
  • URL
  • 2011/09/03 16:25

シードル

1カット目は故意に手を切り落としたというバルザックですね。
最後に行ったのは何見に行った時だったかな。。
絵と同じ目線ばっかで上の方とか天井とか気がつかなかった。
こんな風になってたんだ。
7カット目のところが記憶に残ってます。

そういや世界文化遺産候補になってたけどあれどうなった?
あっ着物姿のおにゃのこが!

『古代ギリシャ展』新聞で見て、ギリシャ文化も好きなんで
ちょっとそそられたんですよ。
でも微妙な開催時期だな自分的に(笑

牛柄

西洋美術館、大学の実習いらい行ってないよー(涙
古代ギリシャ展やってんですか、あの融け入る眼差しの彫刻、来てるのかなぁ(正式タイトル忘れた、すごく印象的な彫像なんだけど^^;)。
あれから20年近く立つのに、白あずきさんの写真見て、すぅ~と館内の様子(配置とかどこに何の絵があったとか)が蘇りました。
いつかゆっくり東京行きたいなぁ。
  • URL
  • 2011/09/03 20:32
  • Edit

白あずき

え、また五郎氏のネタとかぶっちゃった?
たしか以前も何かでかぶったよなぁ・・・。
私その番組見たことないんですけど・・・・、でも、五郎氏とは気が合いそうだわ♪

私も行ったぞの大英美術館では、もちろん写真撮ってきましたが、
当時まだフィルムカメラだったので、こんなにバカスカ撮ってません。
デジカメってほんと便利~。

そう、お察しのとおり、韻松亭の後行きました。
今回は不忍池に面した(見えないけど)椅子席だったけど、
それはそれで明るくて、良かったよん♪
また是非寄ってけして下さい!

>9月21日に田窪恭治氏出演のTV番組があるかも?
それはどこのなんて番組~っ???
わかったら即教えて下さいな。
先日のMo+訪問から、もう田窪さん崇拝信者になってしまいました。
あ、私聞いてもすぐ忘れるから、放送前日にも出来ればアナウンスよろしく!
(それでも忘れるバカですが・・・)
  • URL
  • 2011/09/04 15:53

白あずき

おおっ、さすがシードルさん!
たしかに、展示作品一覧に『バルザック(最終習作)』とあるぞ!
そして、最後に行ったのがいつか覚えてないといいながら、
7カット目のところを覚えているとは!
(ええっと、ヴァン・ダイクの『レガネース侯爵ディエゴ・フェリーペ・デ・グスマン』だそうですi-229

私は美術館行くと、絵より建物ぱっか見てしまいます。
ま、その割に建物もよく覚えてないんですが・・・(今回も痛感)。

世界文化遺産候補、なんかありましたね。
候補というか、”希望”なのでは?(すいません、詳しく知りません)
相変わらず、外には幟とか立ってたかも・・・。

> あっ着物姿のおにゃのこが!
ド派手浴衣の女の子が二人でチャラチャラしてました。
いえけして否定してるわけではないんですが・・・。
気持ちには共感するけど、どーもあの変な浴衣の流行にはちょっとね。
でも、それが着物を着るきっかけになれば、いいかなーと思ってはいます。
ちょっと微笑ましかったしi-228

シードルさんはギリシャ好きだと思ったー。
私の場合、キライではないんですが、苦手・・・ちょっとマッタリしてしまいます。
海洋堂のフィギュアとか売ってたよ~。
  • URL
  • 2011/09/04 16:07

白あずき

大学の実習以来っつーと、いったい何十年前でしょう?i-278
そっか、牛柄さんって、そういう勉強してたんだっけー。
(とかいって、うろ覚えなんですけど・・・)
もしかして、世界史とか得意なのかな。
私は、高校の担任の先生が、世界史の面白い先生だったので、
世界史は好きだったんだけど、好きなのと記憶するのとは別みたいですね。
今では、きれいさっぱり忘れてしまいました・・・。
(美術史もしかり)

> あの融け入る眼差しの彫刻、
う~ん・・・アレかなぁ。
よく美術の時間に石膏デッサンする、あの頭部だけの・・・(違う?)
きっと、シードルさんならわかる気がするー。
(シードルさん、もしこのコメントを読んでいたらご一報下さい。)

私の拙い写真なんかで、西洋美術館の内部を思い出していただいて光栄です。
私、ここの常設の雰囲気がとても好きなんで、
それをうまく伝えられたらいいな~っと、思ってたんです。
でも、本文にも書きましたが、モネのコーナーが新館に出来ていて、
『睡蓮』もそちらに移ってました。
それとも私の記憶違いでしょうか?
以前は、薄暗い本館に飾られていて、その前にベンチがあって、
そこだけポッカリ別の世界で、まるで池の畔に一人坐っている感じだった。
ずーっとここに坐って見ていたいな~と思ったような気がするのです。
なので、それがちょっと残念でした。
(なーんて、昔から『睡蓮』は新館にありましたよ、なんて言われたらどおしようーi-202
  • URL
  • 2011/09/04 16:29

シードル

> あの融け入る眼差しの彫刻、
ななななに?
御指名を受けたがわかりません(汗

石膏デッサンの頭部って言うと、実は男だったと知ったアリアス?
融けいる眼差しじゃないから違うと思うけど頭部ってことでバチアント?ラボルト?

個人的には髪型がロバート・プラント的なモリエールも好きでした。
ギリシャじゃないけどロダンの「ラ・パンセ」の眼差しも好きです。
(あっ誰もンなこと聞いてませんね;)

白あずき

ひーっ、なにそれ????
詳しすぎーっ、
詳しすぎて、私にはわからな過ぎーっ(汗

で、一応全員ぐぐって、雁首並べてみましたが、
私の想像した「あの方」はいませんでした。
(首実検か!)
牛柄さんはどうなんだろう・・・あとで引っ張ってきて、首実検してもらおう。

ちなみに私の想像してたのは、三つ編みカチューシャしてるみたいな女性の首像。
・・・うーん。それしか思い出せない・・・(高校の美術でデッサンした)

ロダンの「ラ・パンセ」、ぐぐってみた!
いいねっ!
残念ながら、まなざしまでわかる写真はなかったけど・・・。

とにかく、色々教えていただいちゃって、ありがとうございます。
またよろしくねー(?)
  • URL
  • 2011/09/05 22:55

riri

バーチャル美術館、面白い。

この上のモネの睡蓮は年取ってからのものかな。荒い感じがするけどそれがまたいいなー。
  • URL
  • 2011/09/06 21:28

白あずき

> この上のモネの睡蓮は年取ってからのものかな。
おお、プロらしいコメント!
えーと、モネ76歳の時に描いた絵のようです。
そういわれれば荒いかな?
モネって86歳で亡くなったけど、
睡蓮の絵は、晩年にずーっと描き続けていた画題だったんですね!
おかげさまで勉強しちゃったよ(ニワカ検索)、ありがとう!
  • URL
  • 2011/09/07 22:17

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作