やっぱり芝居は中村座!

本気で定期を買おうかと思いましたが、回数券にしときました。

  自宅 ←→ 浅草

だって、浅草に、あの平成中村座が戻ってきたんだぜ!

平成中村座201111⑥

しかも、あのスカイツリーが間近に迫る、隅田川の畔。

平成中村座201111④

平成中村座201111⑦
平成中村座201111⑧

浅草に江戸の芝居小屋を作りたいと、
中村勘三郎丈がこの地に初めて仮設小屋の『平成中村座』を作ったのが2000年。
その後、浅草寺裏に場所を変えたりしながら、
毎年ではないけど、コンスタントに浅草での開設を続け、
今回はついに!6ヶ月のロングラン公演が始まりました!

だからー、来年五月まで、いったい何回浅草に通うことになるやら・・・。
(今月始まったばかりなのに、既に4回浅草に行ってる

でも、浅草も中村座も、楽しくて楽しくて。
当分飽きそうにありません・・・。
(演目は毎月変わるしね)

平成中村座201111⑨

中はまるで、江戸時代の芝居小屋です。

1階前方10列目までは、「平場」席で、
畳敷き(茣蓙ですが)に座椅子が置いてあり、ペタッと坐って観劇です。
2000年時には、座椅子もなかったので、体制がつらかった・・・orz
今回はフカフカ座布団で、観劇環境が随分改善されました。



平成中村座201111①

ほんとにこの小屋は、年々改善されていて、
トイレも数が増えて、混まないシステムが研究されて、快適です。

前回までは、公演中でなくても撮影出来なかった小屋の内部、
今回は公演中でなければ撮影OKになりました!

平成中村座201111②

仮設小屋のワクワク感を残しつつ、仮設とは思えない快適さです。

平成中村座201111③

この日は一列目!

平成中村座のお楽しみのひとつは、舞台の後ろが開くこと。
しかも今回の小屋の立地は、スカイツリーの真ん前!
そうです! 
演目によっては、舞台後ろが開き、なんとスカイツリーが見えるのです!

ただし、微妙にスカイツリーと小屋のセンターがずれているので、
見える席と、見えない席があるのですが、この日はド真ん前に見えました!
もちろん、勘三郎さんとツーショットで!

今月の演目では、『お祭り』という舞踊で、
江戸っ子の鳶頭の扮装(なり)をした勘三郎さんが、舞台の後ろが開くと、
後方すれすれへ歩いていって、しばしスカイツリーを眺める・・・という図が見られます。

「なんだなんだ、こんなでっけぇもん、こせぇやがって・・・」
なんて、江戸弁でつぶやいてる感じが楽しい♪

この趣向、今後も演目によっては使われると思うので、
是非この機会に、江戸とスカイツリーのコラボを見に、足をお運び下さい。
(12月は後ろが開くような演目がないけど・・・)


nakamuraza201112m[1]nakamuraza201201m[1]
※今後の詳細な公演情報及びチケットの購入は、平成中村座公式HPへ!

スカイツリーの見える席は、1階松席8番より下手側かと思われます。
上手側は見えません。ご注意を。

あと、この小屋ならではの「桜席」の体験もおすすめ!
桜席は、江戸時代の小屋にあった席を再現したもので、
舞台上の左右上部に作られていて、舞台の真横上から鑑賞することになります。
幕が閉まっている間も、舞台上が見られるので、
開幕前や芝居が終わった後の役者さんも観ることが出来るし、
舞台を準備している様子も見学できて、すげー楽しいっ!
ぜひ、おすすめ!

平成中村座201111⑤

以上、自称:平成中村座広報担当、白あずきでした!




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/795-82666cab

Comment

シードル

やるんですね~!>平成中村座
勘三郎さんの体調がちと心配ですが、長丁場でもあり。
でも一番本人がわかってるんだろうな、やりたいと。
ならば待っていた広報担当も力が入るというもんですな。
コメントからすんごいうれしさが伝わってくるもん。

お客さんのニーズを聞いて年々レベルアップしていく現場、
ううむ、勉強になりますっ
桜席って天上桟敷とは違うんだよね??
スカイツリーを生かした歌舞伎小屋もおつなもんですね。
江戸の粋を現代に映したはからいってとこでしょうか。

12月は「菅原伝授手習鑑」っすか!
歌舞伎知らなかった私がちょい興味を持った演目。
松王丸は誰がやるんだろう。
きっかけはこれと「暫」だったなあ、こっちはビジュアルで。(定番過ぎ?;)

美鳥花

京都南座の改装20周年を記念した
新装の緞帳(うれしいねぇ~~上村淳之画伯監修の下)華やかなる緞帳に白あずき嬢もいそいそして着物で歌舞伎してるやろうなって思ってましたよん!よかったね かぶりつきの観賞で
ブログ上からも狂気熱気乱舞の様子がデンデン
凄い凄い自他ともに認められるよぉー
「平成中村座広報」白あずき嬢!
  • URL
  • 2011/11/24 18:02

白あずき

またまたお返事遅くなってごめんなさいっ。
ちょっくら公私ともにバタバタな季節です。
そんなさなかに、中村座通いをぶち込んでしまいまして・・・i-229

> お客さんのニーズを聞いて年々レベルアップしていく現場、
実は、「年々」じゃなくて、「日々」だったりもします。
何か不都合なところがみつかると、
次の日にはもう改善されてるなんてことが、よくあります。

そういえば、”天上桟敷”ってなんだっけ?とググったら、
一番後方の天井に近い席らしいから、桜席とは違いますね。
桜席は舞台の左右上方にあるんです。
騙されたと思って、一度見に来て!
まずは興味ありの「菅原伝授手習鑑」から!
松王丸は段によって変わります。
「車引」が弥十郎さん。「賀の祝」が亀蔵さん。
そして、「寺子屋」が、待ってました!の、勘三郎さんです!
松王丸がお気に入りとは、しぶいのぉー。
  • URL
  • 2011/11/28 22:04

白あずき

お返事がすっかり遅くなり、申し訳ないっす。
芝居通いだけで忙しいわけじゃないすよ。
(それもあるけどね)

なに?南座緞帳、上村淳之画伯ですと?
現在建築中の新歌舞伎座の製作途中の緞帳が朝日新聞に出てましたが、
中島千波画伯の桜のようです。
楽しみだな~。再来年春の開業♪

中村座の平場席は、椅子ではないので、
正座だめだめの私が着物なんてぜったい無理!
なので中村座には、超ゆる~い格好で行ってます。
(胡座かけるように、膝掛け持ってくし・・・)

平成中村座、来年の五月までやってるから、
姐さんも是非一度来てみて!
チケット取りなら、まかせといて!
  • URL
  • 2011/11/28 22:19

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作