建築探偵その64 喜多見教会

あれはまだ暑い盛りの七月のこと… (つまり埋蔵記事発掘ってとこだな)。

ずいぶん以前にアップした世田谷区喜多見にあるカトリック喜多見教会の記事に、
信者の方からコメントをいただきました。
喜多見教会が老朽化により解体され、成城教会に合併されることが決まり、
7月21日のミサをもって閉鎖されるとのこと。

実は世田谷区の広報みたいなので近々閉鎖されるのは知っていて、
そのうち行こうと思っていたのですが、
あんまりのんびりもしていられないなと、慌てて見納めに出掛けてきました。

喜多見教会② お御堂①

こじんまりとして、暖かみのある教会です。

(後ろ側はこんな感じになっています)
喜多見教会② お御堂うしろ

前の記事の時も書いたけど、ここの暖かみのある光は、
このトパーズ色の窓のせいじゃないかと思う。

喜多見教会② お御堂イエス様

御御堂(おみどう)と、その左右にある廊下に張り巡らされた幾何学模様の窓には、
なんともいえないトパーズ色のガラスがはめ込まれているのです。
喜多見教会② お御堂窓

あ、写真多いです。すいません。
(自分記録のためなので…)

喜多見教会② お御堂窓⑤
喜多見教会② お御堂窓②
喜多見教会② お御堂窓③

私が訪ねたこの日は、もう引っ越しの荷造りを始めていて、お御堂は無人。
写真を撮る前に、ゆっくりとお祈りを唱えることが出来ました。
(懐かしい”主の祈り”但しアンチョコ有り)

喜多見教会② お御堂祭壇②

幼稚園から高校までカトリックの学校にどっぷり籍を置いたので、
こういうマリア像とか祭壇の装飾を見ると懐かしく、やっぱりカトリックの聖堂は落ち着きます。
(信者ではなく、自称カトリッカー)
私の祈る場所はここ(カトリックの教会)だなぁ~としみじみ思うのです。

喜多見教会② お御堂マリア像
喜多見教会② お御堂こんたつ
祭壇のこのような置物?形は様々ですが、
灯りが入っている時は神様がいらっしゃる印…と教えられました。
まぁ、いつでも灯りが点いているわけですが。


さて、前回の訪問時は知らなかったため今回初見だったのが、このフレスコ画。

喜多見教会② フレスコ画①

お御堂の裏にある「小聖堂」に飾られてあるのですが、
長谷川路可という方による”日本最古のフレスコ画”なのだそうです。

喜多見教会② フレスコ画③
喜多見教会② フレスコ画②
喜多見教会② フレスコ画④

※ このフレスコ画は、元々この教会を創立した利光家(小田急電鉄創業者)所縁の、
  神奈川県大和市にある聖セシリア女子短期大学に寄贈されたそうです。
  → http://www.cecilia-wjc.ac.jp/news/2013/09/1042.html

因みに、引っ越しの準備中の関係者の方がいらして、
写真を撮らせていただきたいとお願いしたら、あちこち照明をつけて下さったり、
フレスコ画の説明などもしていただきました。

引っ越し準備のためか、廊下には色々なものが搬出されていました。
このリースは今年はもう使われることはないのでしょうか…。
喜多見教会② クリスマスリース

御御堂入り口上部のレリーフ
喜多見教会②お御堂入り口


御御堂入り口手前の廊下と御御堂背部二階に上がる階段周辺
喜多見教会② 二階入り口
喜多見教会②二階へ②
喜多見教会②二階へ③
喜多見教会②廊下③
喜多見教会②二階へ①


ここの教会で本当に残念なことは、外構に樹が鬱そうと茂っていて、
外観がよくわからない(笑)ことです。

喜多見教会②外観① 
丸いアーチの窓が廊下のトパーズ色の窓です。

道路側からちょっとだけ見える十字架は、尖塔の上ではなく壁面にかかっているので見えない
喜多見教会②外観③

尖塔が無く、アンジェラスの鐘はこのような鐘楼にあります。
喜多見教会②外観②

外構にはルルドのマリア様?
喜多見教会②外構 ルルド

この教会は、築50年くらいになるのでしょうか、
建物の老朽化による解体ということですが、直接的な原因はやはり例の大震災。
東京でもあの後、建て替えや、建て替えまで行き着けず閉店・解体された建物が多く、
建築探偵には辛いこの二年半…これからもこの現象は続くことでしょう。
自分の足腰が立つうちに(おい)残された建物を見届けなくては…と思う今日この頃なのでした。


喜多見教会② マリア像②
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/24 08:54) from ケノーベル エージェント

世田谷区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2013/09/24 08:54

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/24 09:11) from ケノーベル エージェント

大和市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2013/09/24 09:11

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/883-9040ccf7

Comment

シードル

こんな見事な教会が閉鎖ですか。
えーやだよー残してくれよおお~。(こらこらマリア様の前で)
外観も中も建設当時のまんまなんですね。
手入れも行き届いて現役の貴い文化遺産だと思うんだけど、
やっぱり被害受けてたんだ。

トパーズ色のガラス、設計した人か施主さんが選んだのか。美しい!
漆喰の白と木とステンドグラスのコラボが日本の教会の詫びとセンスを感じるなあ。
(外国の教会のカラフルなステンドグラスしか知らないけど;)
フレスコ画も描くの技術がいるんだよね。
写真も美しい~!これ貴重な記録ですよ。

ああもったいないっ
なんとかしてくんないかな。
耐震の問題があるならせめて建築遺産として。
最後のマリア様の表情がせつねえ;;

白あずき

◆シードルさんへ

震災からこっち、都内では閉店・閉鎖・解体が一気に増えて哀しいです…。
松本もだよね…(あの花月ホテル近くのレンガの医院とか)。
ここ、駅のすぐ前だったり都市計画道路にかかってたりで、
前に訪問の時からやーな予感はしてたんだけどねぇ…。
事前に解体を知れてお別れ出来たのがせめてもの救いです。

ちょうど教会出るときに仕事の電話が入って前庭でデカイ声で喋ってたら、
教会の方(ご婦人)が出てらしたので恐縮してそそくさと出ようとしたら、
「暑いから日陰でどうぞ~」とおっしゃって下さり、
しみじみ、ああ、地域に根ざした教会なのだな~と感じました。
惜しいっ!

> 最後のマリア様の表情がせつねえ;;
禿同です!
  • URL
  • 2013/10/03 08:48

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作