スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築探偵日記その63 さようなら東京會舘、また逢う日まで

建て替えのため今日(2015年1月31日)でいったんクローズする東京會舘に行ってきました。

DSC02150 (426x640)

DSC02149 (426x640)


設計は帝国劇場や東京都国立近代美術館を設計した谷口吉郎。
ここは照明デザインや壁画などの一部内装を猪熊弦一郎が担当しているのでも有名です。

この猪熊弦一郎デザインの金環照明(と呼ばれている)は、ここ東京會舘の象徴。

DSC02134 (640x426)

ロビーにも。
DSC02118 (640x426)

カフェの天井にも。
201501 東京會舘 カフェ①

二階ロビーにもありました。
DSC02119 (426x640)

アップでお見せしちゃいましょう。花模様が可愛らしいです。
DSC02147 (426x640)

この照明がテーブルやコーヒー、お皿などに映るのも素敵なんです。
DSC02100 (426x640)

ロビーにメモリアルの展示スペースが作られていました。
DSC02099 (426x640)
DSC02097 (426x640)
DSC02135 (640x426)
DSC02139 (640x426)
DSC02092 (640x426)



ロビー壁面の猪熊弦一郎のモザイク壁画。
DSC02093 (640x426)
DSC02094 (640x426)
DSC02142 (640x426)
DSC02141 (426x640)
DSC02104 (426x640)


この二階へ上がる階段の感じが好き。
DSC02127 (426x640)

こちらは地下へ降りる階段
DSC02109 (426x640)

DSC02123 (426x640)
DSC02112 (426x640)


私にとってここの一番はコレなんですけどね。
DSC02089 (426x640)

愛しのマロン・シャンテリー♪


もちろんカフェからの眺めも好き。皇居のお堀の緑が見えます。
201501 東京會舘 カフェ⑦

201501 東京會舘 カフェ⑥


この地下鉄出入口も無くなってしまうのだなー。
201501 東京會舘 地下鉄入口①
201501 東京會舘 地下鉄入口②
『日比谷駅』の文字が昭和ですね。こういうレタリングも段々町から消えていく…。

東京會舘よ「また逢う日まで」…でも私の好きな東京會舘とはもうずっとサヨナラ。
DSC02145 (640x426)




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/926-ef1de5f0

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。