スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏 の お茶

午後もマッタリしてきた頃、
そろそろお茶しませんかー。

今日はちょっと涼しいけど、
蒸し暑い初夏は、こんなお茶でホッとしたい。

柳桜園(りゅうおうえん)の水出し煎茶「涼泉」

梅の枝を剪定したので、ちょっと生けただけで涼やか♪

そろそろお茶にしませんかー
涼泉は、スズシゲナ茶器でいただきたい
※お菓子は、先日の「金魚」の和菓子・松彌さんの「うちわ」


緑茶は冷水でいれると、うまみ成分(アミノ酸類)が出やすくなるんだそうです。
でも、緑茶って、冷水ではうまく色が出ないし、
お湯でいれてから冷やすと色が変わったりしませんか?
で、ついつい既製品のペットボトルを買ってしまいます。

だけど、ここのはお水で簡単に入れられて、色もいい色♪
(あ、写真ではイマイチですが、それは私のカメラ技術のせいです)
ほんとは、上の写真みたいにその都度煎れたりせず、
冷蔵庫にポットで冷やしています。
水出し用ポット。便利です!透明感を出すため、まだ色が出てませんが・・・茶こし付きなんです


さて、柳桜園さん(正式には、伊藤柳桜園)は、
明治初期創業の京都の宇治茶専門の老舗茶舗です。
店舗は、京都市役所の近くです。
やはり有名な茶舗で、一保堂さんがすぐ近くにありますが、
一保堂さんのように観光客がたくさんとかいう光景はなく、ひっそりとしていますが、
実は茶道のお家元ごひいきの有名なお店です。
店舗の写真がなくて残念ですが、
以下、数年前に行ったときの記憶を辿って描写しますと・・・

中に入ると、小上がりがあって小さなショーケースにお茶の見本があり、
壁際の棚には茶壺が並んでいます。
小上がりに向かって小さな椅子が「おかけやす」というかんじでいくつか並んでいて、
実際お店の方に勧められ椅子にかけると、「ようおこしやした」という感じでお茶を出してくれます。
なんだか、知り合いのお宅にお邪魔したような錯覚を覚えたっけ・・・。
「お品書き」のような、お茶の名前と価格が書かれたものを渡されて、
じっくり見ながら、質問したりしながら、お茶が選べます。
「裏千家家元好み」と書かれたお抹茶などなど・・・・。

白あずき御用達はこちら↓
日本茶のパッケージって、なんか好き
煎茶「駒影」(左)、ほうじ茶「香悦」(右)

さて、この柳桜園さんのラインナップで、京都在住の友人から新情報を入手しました。
いつもはお店に置いてない裏メニューの「青ほうじ茶」というのがあって、かなりイケルらしいです。
また、京都では、お肉の臭みを消したり、柔らかくしたり、ビタミンを閉じこめるため、ほうじ茶の出汁でお鍋を作ったりするそうで、「ほうじ茶の豚鍋」を友人に勧められました。
こちらは、冬に試してみよう。
いや、夏のお鍋も案外いいかも?

伊藤柳桜園:京都市中京区二条通御幸町西入ル丁子屋町690
    075-231-3693
    東京では、新宿高島屋さんの地下で売っていて、私はいつもそこで調達しています。
    
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/93-5c88a660

Comment

m.m

今日はこちらはそこそこ暑かったです。

(家に帰りましこ)
のっけからナナメ読みコメント大変失礼しました。で、何だっけ。
う~ん?i-229

(食事しましこ)
瀕死のハラヘリ状態脱出!
>緑茶は冷水でいれると、うまみ成分(アミノ酸類)が出やすくなるんだそうです。

>京都では、お肉の臭みを消したり、柔らかくしたり、ビタミンを閉じこめるため、ほうじ茶の出汁でお鍋を作ったりするそう

ふむふむi-239
京都のお店で食べた時、
〆に土鍋で炊いたご飯に漬物を入れて出してくれました。
その食べ方は初めてで、印象深かったですねぇ。

京野菜とか京都ならではの食べ方って、多いですね。

もしくは福島以外っちゅうことだったの?
え?ミソっかす?i-230

surugaki

水出し茶はいいですね。ところが、静岡と京都は、お茶産地問題で
激突しています。静岡では、70%以上が静岡産の茶の場合のみ
静岡茶としていますが、京都の場合は45%程度で、京都茶なので、
静岡の茶業組合が噛み付いたのです。でも、どちらも農薬を多く
使っていますので、少し心配です。無農薬生産は、難しいのですが、
どちらの産地にも、無農薬にこだわる生産農家が集まってグループで
頑張っている人たちがいます。
この人たちの努力が認められる日が来て欲しいと思います。

kubo

ほうじ茶なんて・・・と以前は思ってましたが、
ついこないだ知人から香りよい「ほうじ茶」を教えて頂きそれ以来やみつき。
「香悦」とはこれまた香りを楽しめそうですね

SO-RA

夏の冷たい緑茶、ホントに美味しいですよね~。
って、私は自分で作ったことはなくて
母が美味しく作ったのを飲ませてもらうだけなんですが
今年こそは冷たくて美味しいお茶を作りたい!
と、思っていたところです。

写真の茶器の下に敷いてあるのは手拭いでしょうか?
渋くて涼しげで、ステキです (^ ^)
青ほうじ茶、っていうのも、メチャクチャ気になります!

ひめ@キッチンひめ

夏でも緑茶は熱いのを飲むことが多いのですが、水出し煎茶もいいですね~
新宿タカシマヤで買ってこなくっちゃ!
で、お茶もですが、「うちわ」にうっとり見惚れてしまいました!

m.m

白あずきさん ナンパオヤジに連れさられてないか~い。
大丈夫か~い。
新宿は怖いねぇ。心の大事をとって下さいね。

すろう

かわいい「うちわ」
ええっ、食べるのデスかこれを。
またもや解体作業かな。
まず持ち手の棒を引っこ抜いて、
表の丸を丸の形を保つようにひっぺがして
円筒形の周りもひっぺがして、中身を露わに(><;)
それとも棒を持って、ペロペロキャンディの如く
なめながら溶かしていくとか。

最近アイスチーばかりだけど冷茶もいいねぇ。
冷茶椀にも冷茶入れてないし飲みたくなってきました。

白あずき

>京野菜とか京都ならではの食べ方って、多いですね。
決して福島がミソっかすなのではなく、土地によって気候も風習も違うから、それぞれに工夫してるのでしょう。
でも、ほうじ茶出汁の豚なべとか、どこでも真似出来ちゃうことは、どんどん吸収したいですね。
とりあえず、ナベ料理は簡単だから、私でも出来そうだしi-239

白あずき

>静岡と京都は、お茶産地問題で激突しています。
ちっとも知りませんでしたー。
京都茶=宇治茶?
そんなことも知らずに、お茶を飲んでるワタシ。

昔、静岡の仕事を何本かしましたが、
どの事務所に行っても、きれいな色の緑茶が出てくるので、さすが茶どころ!と、感心したものです。
静岡の人は、お茶にうるさそうですね。
酒を飲ませても、うるさそうですが・・・

白あずき

「香悦」、いい香りですよ。
なんと、このお茶、ちょっとビックリするのは、ほとんど茶葉というより茎だけ
なのに、色の出がいいし、香りもいいんです。
お茶漬けにピッタリです。

白あずき

ワタシも「青ほうじ茶」、めちゃめちゃ気になるんですよ~。
今度京都に行ったら、ぜったい本店に行って聞いてみようと思っています。

ドット模様ですけど、手ぬぐいです。
手ぬぐい好きなので、季節で色々替えて楽しみます。
最近は色んな柄が出ていて楽しいですよね。
なんといっても、メットの下には手ぬぐいをキムタク巻が一番じゃけん!

白あずき

m.mさん、再びありがとう。
suru爺の帰りに寄ってくれたのですね?
オヤジというより、ジジイでした。
すっかり、ジジ専になってしまいました。
まぁ、自分もババだから仕方ないのですが。
場所は、いつもは滅多に行かない歌舞伎町に近い所で、やはり新宿も歌舞伎町に近いとコワイなぁ~、とシミジミ思いました。
ちなみに、3万で、と言われました。
一千万積まれても、ワタクシは買えなくってよ~っほっほっほ・・・

白あずき

をい、をい。
「うちわ」は、2くちでいきました。
ひとくちでも行けたけど、一応、中がナニ餡か確認するために。
漉し餡でしたー。
そして、黒文字で シー、シー・・・(ウソ)

surugaki

産地問題では牛肉よりひどく、木材よりはマシくらいですが、
お茶は、水ですね。静岡や京都で飲むお茶は、水が良いから
美味しいですね。それに県によって味の好みが違いますね。
静岡や京都から、他県に出荷している茶は地元の物とは、
ブレンドを変えています。(出荷先に受ける味にブレンドしているため、
お茶本来の味わいが無い場合が多いのですが、それがお茶の味と
思われています。)
有機茶ではここがお勧めです。→http://www.ochaurara.com/
痴漢にあってから、落ち込んでいるのかと思いましたが、
少し安心しました。災難は忘れた頃にやってくるといいますから、
注意してくださいね。念のため、悪いムシを追い払う呪文を
唱えておきます。これも、強すぎるとだれも近づかなくなりますから、
頃合が大切ですね。

白あずき

(順番間違えてしまった!ごめんなさいi-237
ひめさん、新宿高島屋によく行かれますか?
もし行かれるなら、火曜か金曜、B1Fの和菓子やさん『末富』さんで、上生菓子が入る日にオススメします。
この日は京都から直送されます。
冷茶にも、よく合うはず!
※夏期は、火曜か金曜の週イチなので、要確認。そして、確認ついでに予約することをオススメします。

白あずき

静岡で飲むお茶が美味しく感じるのは、たしかに、お水のせいもあるかも知れませんね。
水は、酒の味も左右しますね・・・。

悪い虫は寄りつかないけど、イケメンが寄ってくる呪文というのは、ないのでしょうか?

けん

今年も新宿パークタワー内のリビングデザインセンターOZONEで『夏の大茶会』が7月13~18日まで開かれます。白あずきさんも一度足を運ばれてみてはいかがですか?詳細は下記へどうぞ
www.ozone.co.jp/

白あずき

そおいえば、去年チラシで見たような気がします。でも、行けなかった・・・
今年は行けそうなので行ってみようかな。
実は、OZONEって、前から行ってみたかったけど、ちょっと駅から離れていて、なかなか行けなかったとこなのです。
コンラン・ショップとか興味あったんですけど。
この機会に行ってみようかな。
情報ありがとうございます。
けんさん、関西情報だけじゃないんですね!
すごい、アンテナ!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。