屋上庭園

  • 2006/07/01 21:55
  • Category: 植物
『屋上庭園』
・・・なんだか優美な響きを感じませんか?

昔、わずか2号で廃刊となった、
北原白秋、木下木太郎らの文藝雑誌『屋上庭園』から、
そのような妄想を抱きつつ、
先月オープンしたという新宿伊勢丹の屋上庭園に行ってみました。
アイ・ガーデンというそうです)

まぁ、ニユースでもチラッと見ていたので、
特に上記のような妄想は既に現実的に修正してはおきましたが・・・。
樹木の植栽部分は築山で植栽基盤を厚くしている

屋上緑化で問題となるのは、
排水・防水設備と植栽基盤の確保(既存の建物が過重に耐えられるか)ですが、ここではそういう問題もあったのかも知れませんが、樹木を植栽する部分だけ盛土をして築山を作り、あとは芝生とウッドデッキという感じで、植栽面積は思ったより多くなかったので、ちょっとがっかりでした。
デッキ部分はパゴラや四阿があり、これから緑陰が出来てくる?


植栽種は、それが狙いなのかわかりませんが、野草もハーブも園芸種もごちゃまぜで、
フッキソウやギボウシの中からパイナップルセージが出ていたりと、
特に自然の風情を出したいわけではなく、むしろ、通年花を咲かせることを目指しているのでしょう。

たぶん意識的に、チカラシバやエノコログサが導入されていたので、今後維持管理をしっかりしないと、来年、再来年は遷移が進むだろうな・・・と思いつつ、とき折り雑草が混じっているのは、よい感じがしました。
まぁ、超大手の○○○アメニスさんだから、そこまで計画のうちでしょう。
チカラシバ?
弱々しいけどチカラシバ?穂の下になにやらバッタ類が?
ここの呼び物は、ユビキタスによる草花ガイドシステムの導入で、専用の携帯端末をICタグに近づけると、その植物の説明をしてくれるそうです。
(でも、それはアイ・キッズ・クラブに入らないと借りられないの・・・)

まだ、出来たばかりで植栽も安定していないので、緑陰がないから、今年の夏はちょっと暑そうですね。来年はパゴラの藤も伸びて、憩いの場所になるかも知れません。
1年後の姿が、色んな意味で楽しみです。

咲いていたお花、こちら↓に貼り付けておきます。
名前のわからない園芸種が多かったです。
ヤマユリ
山の中で出会うと、ちょっとグロテスクでドキッとします。
今では、花が咲く前に、百合の根だけ盗掘されることが多いそうです。
ヤマユリ


カワラナデシコ
今年白・赤の株を買いました。
増えて欲しいな・・・花びらは雨に弱く、花柄摘みが大変です。
カワラナデシコ


ヘメロカリス ”ステッラ・ドーロ”ヤブカンゾウやユウスゲを改良したものだそうです。
ちょっと丸っこくて、丈も短め。
ヘメロカリス


名前のわからないスミレ
(だれか教えて~)→すろうさんに教えてもらいましたー。
パンダスミレというそうでーす

ナニすみれ?


ヒメイワダレソウ
アップで見るとランタナみたいですが、ずっと小さく、バコパみたいな感じです。グランドカバープランツとして最近よく使われているらしい。
ヒメイワタセレソウ


名前がわからない~かすみ草っぽい、けど、花が開かなくてまんまるなとこがカワイイ。
紫色。
???

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

撫子(ナデシコ) from 駿河木の家日記

あの白いナデシコは、今・・・先日、このブログでご紹介した白いナデシコは、今は下の写真のようにピンク色です。雨に濡れて、形が若干崩れていますが、花形を見ますと、河原撫子(カワラナデシコ)そのものではないですか。ビックリしました。あの白い撫子の上に薄桃色の花
  • 2006/07/02 20:27

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/98-a6ebd70e

Comment

surugaki

昔、屋上緑化と言われなかった頃、桜の木を、屋上に植えたら、
木が育ち過ぎて重さに耐えられなくなった例もありました。
アクロス福岡も見学に行きましたが、漏水に苦労していました。
アクロス福岡→http://www.acros.or.jp/
私も、ビオトープと屋根緑化のお手伝いをしています。→http://surugaki.exblog.jp/2361947/
屋根緑化は、植物の根で、排水溝が詰まりますので、その対策に
工夫を凝らしました。と、少しエラソーに言ってみたかっただけです。
私も、カワラナデシコをアップしようと思いましたが、昨日は、
結婚式で飲んだくれて、気が付いたら、朝でした。それで、
今からアップしようと思いましたが、か、被っているではありませんか。
まだ、酒が残っていますので、今から朝風呂です。おはら庄助さん状態。
酒がさめたら、アップします。では、また~ぁ。

アベッカム

 おはようございます。

確か、鬼百合を英語で言うと、そうなったと思います。「ピーターパン」にも、そんな名前の少女が出てきたように記憶しております。

 それにしても、北原白秋が、「屋上庭園」なる雑誌をやっていたとは。

 とっても興味が湧いてきました。

ちなみに、私は、白秋の「落葉松」という詩が大好きです。

 軽井沢に、よく合います。
  • URL
  • 2006/07/02 08:18

ブリズ

ビオトープとして自然の状態を目指す
というのみをコンセプトにすると
結構おもしろいんですけどねぇ。
そのへんはきっと、なにか狙いはあるんでしょうね。
将来系を期待したいです。。^^

すろう

パンダスミレ~(>▽<)かわいいっ
賞品は現品でも現ナマでもOKデス♪

イキのよさげなバッタがくっついてるって事は
チカラシバにエノコログサのような恐ろしいものを
わざわざ植えた目的は果たされつつあるって事なんでしょうか(?)
来年はきっとこのバッタのおかげで続々と
いろんなお客様が(>▽<)

白あずき

なでしこアップされていたようなので、
酔いは醒めたようですね。
シンショウつぶさないよう、気をつけてください。
まぁ、お買い物の休憩にお花を見ながら・・・というのは、私にはありがたい企画です。
ついでにネタも拾えたりして。

白あずき

タイガーリリーなんて、香港のお土産によくもらう薬みたいですね。
あ、あれはタイガーバームか。
いや、リリーオイルっていうのもあるんです。

北原白秋って、
意外とメジャーな童謡とか多く作っていて、
ゆりかごのうた
砂山
からたちの花
この道
ペチカ
あわて床屋
待ちぼうけ
城ヶ島の雨
ちゃっきりぶし
・・・そして、ビックリなのは、
白洋舎の歌
・・・どんなんや?

白あずき

お、おかえりなさい!
>自然の状態を目指す=放置だとしたら、
私にとっては、嬉しいですが、すんごいことになりそうですね。
まず、あの芝生スペースはイネ科の草原になることでしょう。わーい。

白あずき

あたりです!
すごい・・・たしかに、ちょっとムリがありつつ、
パンダv-40(←パンダマークがないから、一番似てるのを載せてみた。)に似てる。
そおなんですよ、あのイネ科スペースの将来が一番楽しみ♪ですね。
うちの三角野郎(ショウリョウバッタ)を捕獲して、あそこに放してやろうかなーひひひ

白あずき

百合の写真、「ヤマユリ」なのを、間違って
「オニユリ」と書いてしまっていました。
慌てて、何事もなかったように、
、「ヤマユリ」と、本文を修正してしまいました。
すいませんv-406

アベッカム

わたしも、白い鬼百合があるんだなあ、と不思議に思っていたのですが、スルーしてしまいました。

 それにしても、白秋の歌って、作曲は誰なのかなあ。いいメロディが多いですね。
 「カラタチの花」なんか、うっとりしますねえ。
  • URL
  • 2006/07/02 22:02

miti

白秋の歌って懐かしいです
みんな何度も歌ったものばっかりです~

でも 私にとってはやっぱり”砂山”です
先日はしっかりと佐渡の島影がみえていました(*^_^*)


白あずき

は、作曲は山田耕筰さんだそうですよ。
そういえば、カラタチも柑橘類ですね。
私は最近屋内に、月橘(シルクジャスミン、ムルレイア)という柑橘の緑を購入しました。
庭ばかりに夢中で、家の中に緑がないのに気づいたので。
一応白い花も咲くようです。
実はなるのかな???

kubo

「潜在自然 植生」とは、すべての人間の干渉を停止したと仮定したときに、現在の自然環境が支えう る自然の緑、森 by 宮脇昭氏(植物生態学者)

人の手の入らない自然+ほんの一寸の人の手
ぐらいがほっとするのかな?
人の軌跡が感じられない場は恐怖で脚がすくんでしまうかも?

それにしても蒸し暑い日続きますね
都市部での緑化対策の前に行うべき事があるような・・・・・ まずは早く寝て 日の出と共に起きよう!

ん? 記事に対して適切なコメントではない気がしてきました。 はて? コメントを読み進めた結果? すみません。m(__)m

白あずき

島が見えるって・・・なんだかスゴイですねぇ。
佐渡島は一度行ったけど、いいとこだったなぁ。
行きはジェットフォイルでしたが、帰りはのんびりとしたフェリーで、デッキで地酒と魚市場で買ったお刺身で宴会しながら帰りました。
そんな、カラーッとした印象です。

白あずき

宮脇先生には何度かお会いし、お得意の潜在自然植生のお話も何度も聞いていますが、それによると、日本中シロダモとなんだっけ?常緑樹の世界になっちゃって、私としてはつまらなーい世界です。
ただ、潜在自然植生は、その土地の土壌に合った植生なので、災害などのカタストロフィに強いから、のり面植栽などに導入するとよい・・・ということらしいです。
カタクリやランが林床に咲く樹林も、自然のままじゃなくて、下草刈りや人的管理があってこそですからね、昔から人と自然は共存してきてたけど、今はそのバランスが乱れすぎて居るのでしょう・・・なーんて、ひさしぶりにまじめなコメントをしてしまいました。
緑化も、その目的次第(予算や面積もありますから)ということで、出来ることからコツコつと・・・でいいのではないでしょうか?

kubo

宮脇先生にお会いしてるのですか 羨ましい限りです。

NHKの講座で「潜在自然植生」のお話を聞きました。

>日本中シロダモとなんだっけ?
シロダモとシイ、カシだったかな?

コツコツといきましょう!

白あずき

そうでしたね、シイ、カシ、タブ・・・と
ボット苗の植樹。
私もコツコツ・・・とまでも行きませんが、ちょっとだけ緑化に貢献している・・・つもりです。
なんといっても、小型哺乳類まで養ってますからね!

m.m

会津磐梯山は~宝のほにゃ山よ~
うちの出番ですね小原庄助氏。
詳しくはこちら
http://www.shousuke.com/shousuke/minyo/

屋上に庭園・・・
人工で造るのなら、人工らしく造れば違和感無いのに、って思ってしまいます。
自然は自然なままであるから美しいのであって、にわかに連れて来られても、不自然ですねぇ。
みなさんのコメントを読み進めているうちに
先の方の内容を忘れていき、
何を言いたいか分からなくなりました。
まずは、ただいまですi-179i-88



すろう

>mさんお帰り♪
コメント読んでたら、
「土から離れては生きてはいけないのよ。
「バルス!!」e-268
ってのを思い出しました。

もし招かれざるお客様とか、団体様が
大挙した場合ってどうするのかな。

パンダないなぁ。v-40←これはウケました♪似てる確かに^^

白あずき

m.mさん、おかえりなさい。
だけど、植栽したばかりなので、あと数年経てば植栽も安定して、ちょっとした都会のオアシスになるのかも。
なにも、新宿に無理矢理自然林を持ってくる必要はないのですから。
それぞれの復元目標を目指せばいいのではないでしょうか?
ちょっと、お弁当広げたり、買い物の一休みにお花を眺めて・・・というのには、いいスペースと思います。

白あずき

>「土から離れては生きてはいけないのよ。
>「バルス!!」
わ゛がら゛な゛い゛~i-282
やはり、時代がちがうのね・・・

>もし招かれざるお客様とか、団体様が
>大挙した場合ってどうするのかな。
それは自然界のこと、わかりませんからね~。うちだって、まさか、あんなやつとか、こんなやつが出てくるとは・・・はぁーっi-203

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作